インド・ニューデリーの国際交流基金にて初個展開催のお知らせ

20190620-2

はじめまして。2012年ヒンディー語卒の鴨澤誓子です。

2013年からインド政府奨学生として、インドのグジャラート州バローダ市にある、マハラジャ・サヤジラオ大学の美術学部に入学し、絵画を専攻していました。学部・修士と6年在学し、今年5月に無事卒業いたしました。

6年間の学びの成果として、ニューデリーの国際交流基金にて個展を開催させていただけることになりましたので、お知らせいたします。

投稿者:鴨澤 誓子  ヒンディー語2012年卒業

本投稿へのご意見、ご感想等はこちらまで

ルジタニア会第13回新入生歓迎・在学生との集いの開催

20190620-1

ルジタニア会では去る6月14日(金)母校キャンパスでポ語専攻新入生を歓迎して
13回目の集いを、学生16名と卒業生17名の参加のもと開催しました。 開催に当たっては母校のご協力を頂き、懇親会には林大学長、講演会と懇親会には武田副学長のご臨席を賜りました。
第一部は講演会で、17:45より研究講義棟105室で行われました。
代表世話人大島勇次郎(外1962卒)による歓迎の挨拶と講師として沼田行雄氏(外1975卒)の紹介の後、講演に入りました。
「遠くて近い国 ブラジルとトンガ~私の外交官人生を振り返って」との演題で、ブラジル・ベネズエラ・イタリア・ポルトガル・トンガ各国での在外公館勤務をふり返りながら、現地事情や体験などを諄々と語っていただきましたが、一同、一言一句に聞き入っていました。
第二部の懇親会は会場を特別食堂に移し、19;00に開始。冒頭、林学長より「良い機会であるので、学生と卒業生との懇親が深まるように」との期待のご挨拶を頂いた後、懇談に入りました。ブラジルからの留学生2名も加わる中、場内あちこちに懇談の輪ができ、世代の違いを越えて和やかに交流が行われました。
集合写真に納まった後、定刻20:30にお開きになりました。

投稿者: 須田 實   ポルトガル語1966年卒業

本投稿へのご意見、ご感想等はこちらまで

支部だより 新潟県支部総会のご報告 2018-2019年度

20190611-1

2019年4月27日(土)、2018-2019年度の東京外語会新潟支部総会が開催された。会場は新潟市中央区にあるイタリアンレストラン「トラットリア ノラ・クチーナ 新潟鐙店」。同レストランは、新潟県豊栄市に本店を構える人気店で、昨年度、新潟市内にも進出、会津街道を行き来する商人向けの旅籠だった建物を改装した店内では、トマトやナスなど、新潟県内の新鮮野菜を使用したイタリアンを楽しむことが出来る。

当日は渡辺支部長の挨拶に始まり、参加者それぞれが近況を報告した。かつての新潟支部は年配の男性会員が多かったようだが、現在は女性の会員も増え、また、今年は新規会員も多かったことから、非常に活気のある、和やかな会となった。また、新潟県の観光に関する話題が多く、「外語会のネットワークを活用し、SNSにて新潟情報を多言語で発信してはどうか」との意見が出た。

支部総会での意見を受け、新潟支部ではInstagram及びFacebookを活用した情報発信を開始、観光情報等を多言語で発信している。外語会には各方面で影響力の大きな方も多く、ネットワークを活用した取組には大きな可能性があると考える。微力ではあるが、私もこのアカウントを活用し、国内外の多くの方に新潟県の魅力を伝えていきたいと考えている。

新潟県支部SNS
<Instagram> tufsniigata
<Facebook> @tufsniigata

出席者(敬省略):
長谷川健司(Pr1985)、小池泰子(E1973)、桐生裕子(E1979)、桜井裕子(C1991)、岡崎まり子(F1973)、渡辺登(F1982)、細田晴子(S1992)、伊藤彩乃(D2012)、後藤まみ(Ic1984)、富山栄子(R1986)、守田奈津子(R1987)、和泉田祥子(R1991)

投稿者:高橋 宏季 ポルトガル語 2007年卒業

本投稿へのご意見、ご感想等はこちらまで

2019年 仏友会総会・懇親会

20190520-1

4月14日(日)、恒例の仏友会総会が東京・大手町サンケイプラザで開催されました。

当日は天候にも恵まれ、総勢60名の出席者(現役学生1名を含む)で賑わいました。

はじめに藤倉会長(1970/昭45)の挨拶があり、金澤副会長(1968/昭43)の会務報告の後、会計・監査報告が承認されました。その後、昨年以降新たに幹事団に加わった荒崎直博(1974/49)、三浦省三(1977/52)、大谷恵子(1978/53、吉田尚子(1994/平6)の各氏の名前が紹介されました。

続く講演会の部では、建築ジャーナリストの淵上正幸氏(1969/44)を講師に迎えて1時間あまりお話しいただきました。氏は、卒業後UNIVACに入社、その後新建築社、a+uなどの建築出版社を経て独立。世界の建築物を長年にわたり紹介する活動に従事してこられました。その功績が認められ、昨年日本建築学会文化賞を受賞されています。この日の講演でも、世界中の名だたる建築家や、彼らの設計した非常にユニークな建物のスライド写真を次々と見せて解説していただきました。その斬新なデザインと比べると、最近の日本の建築は随分地味で遅れているなという感想を、多くの参加者が持たれたようです。

懇親会に移る前の休憩時間を利用して、出席者一同を昭46以降卒の<ジュニア組>と昭45以前卒の<シニア組>に分け、記念写真を撮影しました。なお、講師と現役学生と会長には、両方の写真に登場してもらっています。

続く懇親会では、ボルドーの赤白ワインのグラスを手に、参加者たちは講演会の感想で盛り上がったり、お互いの近況を尋ねたり、初参加の方と談笑しながら、仏友会伝統の和やかな雰囲気を楽しんでいました。現役学生1名は、昨年秋の外語祭のフランス語劇”シェルブールの雨傘”で主役を演じた長野遥さん(3年生)。空手有段者だけあって、中締めの言葉の代わりに見事な突きを披露。一同そろって「えい!」の掛け声とともに、突きのポーズで締めました。

出席者の皆さんからは、「講師の淵上さんとは同じクラスでしたが、50年後にこういう形で再びお目にかかれて感無量です」「長年それぞれ異なる世界にいた者達が故郷に戻ってきた感がありますね」「皆様、密度の濃い人生を送っているのだなと思い、感心しております」「40年前に卒業して以来初めての同窓会だったので、いろいろと楽しませていただきました。次回は同期の友達を連れてきます」など、多くの嬉しい感想が寄せられました。それぞれに仏友会の醍醐味を味わっていただけたようです。

次回の集まりは、11/24(日) 本郷サテライトで開催予定の「サロン仏友会」。こちらでは、講演の後、ボジョレ・ヌヴォを軽食とともに楽しむのが恒例となっています。参加者一同、秋の再会を約して散会し、一部の方々は二次会に場所を変えて旧交を温めておられました。

投稿者: 中村 日出男  フランス語 1974年卒業

本投稿へのご意見、ご感想等はこちらまで

東京外語会ニューデリー支部<デリー外語会からの便り>

日時:2019年3月30日(土)午後7時より
場所:Nanking (中華料理)
住所:C-6, Local Shopping Complex, Opposite Delhi Public School, New Delhi, Delhi
電話:+91-011-2613-8938

<デリー外語会>
2019年3月30日(土)午後7時より、インドに在住する東京外国語大学の卒業生、現役生によるデリー外語会が開催されました。
日本では3月、4月に入っても依然寒さが続いているというニュースを耳にしますが、一方、最近のデリーは急激に暑くなり、30度越えは珍しくなくなってきています。そんな暑さの中、今回は7名がデリー市内の中華料理レストラン「Nanking」に集まりました。

20190422

【写真向かって、左手前より、小舟さん(ヒンディー語3年)、白杉さん(ヒンディー語4年)、石井さん(ウルドゥー語2009年卒)、中嶋さん(幹事、スペイン語2000年卒)、左奥より、早川さん(フランス語1990年卒)、藤井(ウルドゥー語3年)、片桐さん(イタリア語1989年卒)】

この日の会は、最近気温が高くなった為虫やヤモリが増え、家の中に当たり前のようにいるので怖い、という学生の声を発端に、日本の常識が常識でないインドの苦労話、面白話をして盛り上がりました。日本でいう春分の日はインドでは「ホーリー」という祝日で、色粉を投げ合って春の訪れを祝うお祭りがこの日の一週間ほど前にあったので、その話題も上がりました。

学生の身の筆者にとっては、様々な業界で活躍する先輩のお話を一度に聞ける貴重な機会でした。また、社会人の方の中には、「社会人になって一つの業界に入ると、その業界特有の考え方を持つ人が多くなるから、この外語会のように、大学が同じというだけで色々な考え方を持つ人に会えるのは良い」と仰る方もいらっしゃり、学生にとっても、社会人の方にとっても良い会になったのではないかと感じています。

次回以降も、デリー外語会のネットワークの基盤づくり・更なる会の活性化・継続した定期会合(大阪外国語大学との共同会合を含む)の開催等々、推進して参りたいと存じます。引き続き皆様方のご協力とご支援を宜しくお願い申し上げます。
次回は7月以降での開催を予定しております。

投稿者: 藤井 文美  ウルドゥー語3年

本投稿へのご意見、ご感想等はこちらまで