イスパニア会第15回総会及び第53回例会が開かれました。

20190702-1     20190702-2

令和に入っての最初のイスパニア会総会及び例会が、去る6月9日(日)15時より東京外国語大学本郷サテライトにて行われました。参加者は30名でした。

総会では、1.平成30年度事業報告、2.平成30年度決算報告、3.令和元年度事業計画、4.令和元年度予算、5.役員人事がそれぞれ承認されました。

引き続きの例会はイスパニア会会員の遅野井茂雄氏(1975年卒。筑波大学名誉教授)による「変動期の中南米情勢を読む」と題した講演でした。10年単位で中南米の情勢を把握するという観点より、
1979年 ニカラグア革命、民主化(「第3の波」)の開始、第2次オイルショック
1989年 ワシントン・コンセンサス(市場化と民主化)
1999年 ベネズエラ・チャベス政権発足(左派政権の台頭)
2010年 「LAの台頭」(The Economist 9.10-17)(資源ブーム=中国ブーム、11CELAC)
という節目を提示し、それぞれに解説をいただいた後、最後は現在の中南米情勢を概観するというものでした。詳しい内容につきましては11月に発行予定のイスパニア会会報第55号にご寄稿頂くこととなっています。

その後、懇親会へと移りました。参加者全員で1時間半ほど談笑。お互いの近況等を報告したりで、お開きとなりました。

当日の写真は以下のイスパニア会のHPにより多く掲載されていますので、御覧ください。
http://clbespanol.g2.xrea.com/reunion-53.html

次回は12月8日(日)に例会及び懇親会を行います。

イスパニア会(Club Español)は、東京外国語大学、大学院研究課程及びその前身関係諸学校のいづれかを卒業ないし修了し、またはこれに在学した者及び在学生等を会員とし、その会員相互の親睦交流を図り、併せてスペイン語およびスペイン語文化圏(スペイン本国および中南米)の国情等に関する知識の向上並びに情報の交換を行うことを目的とする任意団体です。
ご興味のある方は以下にご連絡ください。

世話人代表 坂本興文(1972年卒) okifumi@tbg.t-com.ne.jp
イスパニア会HP  http://clbespanol.g2.xrea.com/

投稿者: 山川 功  スペイン語科 1984年卒

本投稿へのご意見、ご感想等はこちらまで