E35クラス会報告

20191129

東外大E35クラス会」を令和元年(2019年)11月16日(土)、東京駅近くの「ワインコート:ヴァン・ド・ヴィ」にて、午後1時より4時まで、13名の参加を得て開催した。
記録の残る限り、平成19年(2007年)からの例年の食事会(昨年までは午後2時より5時まで)である。昨年まではレストランを借切って立食式の食事会であったが、近年残念ながら物故者が増えてきて、今年は11名の参加となり、一室に着席しての会食となった。高齢化により歩行に難のある者の参加を促すため、初めての試みとして夫人の介助での参加を呼び掛けたところ、2名がこれに応じてくれ、参加者は計13名となった。

最初に、昨年の会食以来惜しくも他界された3名の同輩のために黙祷・献杯をし、その後は飲食を楽しみながら大原宏君の「シルクロードの旅」の土産話を興味深く聴き、それに続いて順次出席者の近況の紹介などをし合い、和やかに3時間を過ごした。参加人数が減ったのは寂しいことであったが、反面少人数になったことによって、話題が一つになり共通の関心事に熱のこもった遣り取りが展開されるという副次効果が見られた。

参加者は、大原宏、竹前文夫、多胡冽夫妻、角田大定夫妻、鳥井義惟、野崎邦俊、堀内敏宏、松永吉郎、松本俊、三好正弘、村上信之(以上、アイウエオ順)。来年の再会を期して散会した。(文責:三好)

投稿者:  三好 正弘 英米語 1960年卒業

本投稿へのご意見、ご感想等はこちらまで