専門書翻訳に挑む

2019-02-14_111341

タイトル
①『修復的司法とは何か――応報から関係修復へ』
著者名:ハワード・ゼア;Howard Zehr
監訳=西村春夫・細居洋子・高橋則夫 訳者:浅川エリ子他14名
出版社:新泉社、2003.6.30初版 第3版出版 価格:2800円+税
②『修復司法の根本を問う』
著者名:ゲリー・ジョンストン;Gerry Johnstone
監訳=西村春夫 訳者:浅川エリ子他5名
出版社:成文堂、2006.5.31 価格:5300円+税
③『これからの犯罪被害者学――被害者中心的司法への険しい道』
著者名:ジョー・グディJo Goody
監訳=西村春夫 訳者:浅川エリ子他6名
出版社:成文堂、2011.6.10 価格;8000円+税

50代から取り組んだ翻訳作業の集大成として、3冊の専門書を共同出版しました。①と②は修復的司法〈Restorative Justice〉という近代刑事司法の新たな流れ、③は犯罪被害者学〈Victims and Victimology :Research, Policy and Practice〉という原題の通り、主に被害者の権利主張、被害者支援を扱った内容となっています。

《以下はこちらよりお読みください。》

投稿者:浅川(旧姓西村)エリ子 IP 1958年卒業

本投稿へのご意見、ご感想等はこちらまで

外語祭、「第4回学園祭グランプリ」でMVP受賞

6a0148c7d6bc93970c017c34da9fcd970b-800wi

90回外語祭の終了から一か月が経とうとしたある日、私たち外語祭実行委員会のもとにビッグニュースが飛び込んできました。

先日行われた「第4回学園祭グランプリ」の表彰式にて、外語祭は首都圏66の学園祭の頂点となるMVPを獲得いたしました。「学園祭グランプリ」とはレッツエンジョイ東京主催の学園祭のNo.1を決めるコンテストで、多くの大学の学園祭実行委員会の憧れでもあります。

6a0148c7d6bc93970c017d3f09907f970c-800wi

6a0148c7d6bc93970c017d3f0993f9970c-800wi

また、外語祭での飲酒事故対策が評価されペルノ・リカール・ジャパン社の協賛によるNO IKKI!賞」も頂きダブル受賞という快挙を果たしました。こうした大変栄誉ある賞を頂くことができたのは、現役外大生のみならず90回にも及ぶ外語祭の歴史を築き、現在も外語祭を愛し支えてくださるOBOGの皆様のお陰でもあります。

このMVPは外語祭に関わる皆さん全員で取った賞ですので、この喜びを少しでも多くの方と分かち合えれば幸いです。

6a0148c7d6bc93970c017c34dab160970b-800wi

 文責:外語祭実行委員会広報局 日本語専攻2年 澄川裕貴子

第3回 Delhi東京外語会開催

Delhi 東京外語会

  • 日時:2012年12月8日(土)
  • 午後7時半より
  • 場所:Olive Bar & Kitchen
    Address: One Style Mile, Mehrauli, New Delhi-30
    Phone: 91-11-2957-4444 Fax: 91-11-2664-4860

6a0148c7d6bc93970c017c34a7c22d970b-800wi

2012年12月8日(土)午後7時半より、インド・デリー市内にて、Delhi近郊に在住の東京外国語大学卒業生の会が催されました。今回は前回(2012年6月24日(日))の開催に続き、第3回目の会合となりました。この季節の北インドは冬の訪れと共に、朝晩の冷え込みが日に日に厳しくなる時期ではありますが、そのような師走の多忙な時節にもかかわらず、11名の同窓生が集うことができました。

会場は世界遺産でも有名なクトゥブ・ミーナール(12世紀末に北インドを征服したクトゥブッディーン・アイバクにより創建されたインド最古のミナレット)の近隣にあるOlive Bar & Kitchenという、モダンに洗練されたイタリアレストランで開催されました。本レストランは、中庭にはオープンスペースのテーブル席があり、また室内にはしゃれたバーカウンターや客室が設営され、2階のパーティー会場からはクトゥブ・ミーナールを間近に眺めることもでき、最近では南デリーのおしゃれスポットのひとつになっております。

今回の参加者は、写真向かって右側前列より、De Diamond Electric India社長の石井さん(昭和46年独卒)、岡谷鋼機インドの古居さん(平成22年ヒンディー語科卒)、ヒロハマインド勤務の湯浅さん(平成24年ウルドゥー語科卒)、デンソーインド勤務の吉田さん(平成22年ヒンディー語科卒)、写真向かって右側後列より、キャノンインド勤務の安田さん(平成21年英語科卒)、Toyota Material Handling India社長の石原さん(昭和55年ポルトガル・ブラジル語科卒)、日立インド勤務の伊藤さん(平成9年度ヒンディー語科卒)、ランバクシー・ラボラトリーズ・リミテッド社に勤務の内田(平成9年度ヒンディー語科卒:本会の幹事)、川崎重工業デリー事務所の木村さん(昭和61年インドシナ語科タイ語卒)、ヤクルトインド勤務の三次さん(平成12年ラオス語科卒)、それに長期出張でDelhiに滞在中の日立製作所の柏木さん(平成16年独卒)で、合計11名の参加者となりました。

お陰様で、会は穏やかにそして和やかに進行し、様々な話題に花が咲きました。何ゆえ外語大を受験したのか?、語科選考の(不純な?)動機について、デリーの生活状況や職場環境について等々、話題は尽きることがありませんでした。参加された皆様方におかれましては、大変寛いだご様子で、当会の幹事としましては、皆様が愉快な時間を共有することが出来たものと確信しております。

次回(来年の6月前後を予定)の再会を約束し、本会は散会となりましたが、Delhi外語会のネットワークの基盤づくり・更なる会の活性化・継続した定期会合の開催等々、今後も更に推し進めて参りますので、引き続き皆様方のご協力とご支援を宜しくお願い申し上げます。

アルコールパスポート ~ 外語祭のアルコール販売への取り組み

6a0148c7d6bc93970c017c349c07b3970b-800wi
「パスポートいらずのワールドツアー」。これは先日行われた第90回外語祭のテーマですが、この言葉どおり、外語祭は世界中の文化を楽しめる国際的な学園祭です。もちろんお酒も例外ではなく、外語祭では毎年文化紹介の一つとしてアルコールが販売されており「世界中のお酒が楽しめる」と大変な人気を集めています。今年も、料理店や模擬店など全部で40団体がアルコールを販売しました。

一方で、学園祭でのアルコール販売については反対の声も多く聞かれます。外語祭でも、かつては酩酊者のために救急車を呼ぶといった事態が起こっていました。また、東京大学の駒場祭、一橋大学の一橋祭など、アルコールに関するトラブルから学校側の意向によりアルコールの販売が禁止となった学園祭も少なくありません。

こうした「禁酒」の流れの中で、外語祭の特色である文化紹介としてのアルコール販売をどうすれば守っていけるのか。外語祭実行委員会では学園祭でアルコールを販売することの責任を重く受け止め、さまざまな対策を行ってきました。

その一つが「アルコールパスポート」、通称「アルパス」です。20歳以上であることを確認したうえでアルパスを配布し、アルコール1品購入ごとに貼られるシールが8枚までたまったらそれ以上アルコールを購入できなくなる仕組みです。第86回外語祭から始まり、以来5年間、大きな飲酒事故のない安全な外語祭に貢献してきました。

毎年外語祭でお酒を楽しんでいる方は、今年のアルパスが去年までとはかなり変わったことに驚かれたかもしれません。去年までただのA5サイズ のコピー用紙だったアルパスが、今年は「携帯しやすく」を目指して、首から下げられるひも付きの小さなカードになったのです。外語祭の半年以上前から、アンケートをもとに何度も話し合いを重ね、たくさんの人の協力で今年の「新生アルパス」が誕生しました。しかし、アルパスをすべて手作業で作るのは簡単ではありません。11月の外語祭に向けて、9月から実行委員全員で作り始めましたが、外語祭期間中に足りなくなり深夜に翌日分を慌てて作ったこともありました。しかしその甲斐あって今年は例年を大きく上回る、およそ1万枚のアルパスを配布することができました。

アルパスなどアルコールに関しての対策を行っていると、自分は自由で楽しい学園祭に水を差しているのではないかと感じることも多々ありました。しかし私は、外語祭は来場した誰もが気持ちよく楽しめる学園祭であるべきだと思うし、そうあるために常に努力をする外語祭に誇りを持っています。

「他の学園祭は適当だけど、外語祭はちゃんとしてて好きだなあ。」

アルパスを配布している際に来場者の方のこの言葉を聞いたとき、アルパスも確かに「誰もが気持ちよく楽しめる」外語祭の力になれているのかもしれないと、とても誇らしく思ったことを覚えています。

文化紹介の一環としてのアルコール販売は外語祭の素晴らしい伝統の一つであり、多くの来場者や外大生自身の楽しみの一つでもあります。この伝統を続けていくことは容易ではありませんが、来年以降も外語祭でたくさんの人に世界中のお酒を楽しんでもらえること、そしてアルパスが少しでもその助けとなることを願っています。

 

第90回外語祭実行委員会事務局 アルコール担当 木曽 千尋

外語祭「アルパス」ホームページ

http://gaigosai.com/alcoholpass/

 

 

イタリア支部 2012年度総会 開催

6a0148c7d6bc93970c017d3e894d45970c-800wi
去る12月1日(土)同窓会イタリア支部2012年度総会を開催いたしました。

会員総数29名中、ヴェネツィア、ボローニャ等の遠方からの参加者も含め総勢11名がクリスマスに向けてイルミネーションの飾りつけも始まったミラノ市内に集合、支部再開後の第三回目となる本年は、趣向を変えてのインド料理店にての開催となりました。

大島支部長よりのイタリアと日本をめぐる社会、経済環境への考察を含めたご挨拶、事務局よりの会員加入状況等の説明、記念写真撮影を経て、一同久し振りのカレー料理に舌鼓を打ちながらの懇親会となりました。西ヶ原を知らない若い世代からイタリア在住20年を超えるベテランまで、それぞれの近況報告に始まり、インド在住経験者によるタンドリーチキンへの薀蓄、文化広報活動への勧誘、はてはイタリア式ソムリエ資格獲得術に至るまで、話題は尽きることなく和気あいあいの3時間があっという間に過ぎてゆきました。

食事後はバールに場所を変えてのお喋りが続き、気が付いた時にはすでにあたりは薄暗く、イルミネーションが一層華やかににきらめき始める中、全員が再会を誓ってそれぞれの家路につきました。例年、会員数の多い北部ミラノ市での開催となっていますが、来年以降、時期も含めて、トスカーナ、ローマ等の中、南部イタリアの在住者も手軽に参加できるような方式を検討してゆきたいと思っています。 

松田二郎 (I昭52)

アメフト部第二回ICU定期戦開催と2012年シーズン(関東2部)のご紹介 ~  アメリカンフットボール部PHANTOMS

6a0148c7d6bc93970c0177440b457f970d-800wi

アメリカンフットボール部PHANTOMS(ファントムズ)は、2012年5月26日(土)、外大グランドにて、国際基督教大学(以下ICU)アメリカンフットボール部APOSTLES(アポッスルズ)との第二回定期戦を行い、秋の本シーズンに向けお互いの力を出し合い、交流を深めた。9月1日拓殖大戦で始まる2012年シーズン(関東2部)にて外大OBOGの皆様のご参加・ご声援をいただければ幸甚である。

 

ICUとの定期戦発足について

2012年5月26日(土)、晴れ渡る空の下、東京外国語大学グランドにて、ICUアメリカンフットボール部APOSTLESとの第二回定期戦が開催された。

ICUとのアメリカンフットボール定期戦は、2010年7月、創部25周年・関東大学連盟加盟20周年記念パーティにて来賓としてご臨席いただいた亀山学長からのご提案に端を発する。伝統の「外大戦」なきあと、2009年3月「教育・研究交流協定」を締結した両大学の定期戦をまずはアメフト部が先導し開催しようと、ICUアメフト関係者と協議を行い、両大学学長の合意の下、昨年度より実現したものである。

アミノバイタルフィールド(味の素スタジアム横のアメフト球場)にて行った第一回定期戦では、外語会・学生後援会幹部の皆様にも多数ご来場いただいたにも関わらず、生憎の大雨の中、54-6の大敗に終わった。昨年度、外大は秋のリーグ戦で無敗・入替戦にも勝利し2部に昇格した。ICUは依然3部リーグ所属、今年は上位リーグの意地を見せ、リベンジしたいところ。

白熱の第2回定期戦

6a0148c7d6bc93970c0177440b4c06970d-800wi亀山外大学長、日比谷ICU学長によるコイントスにより、熱戦の火蓋が切って落とされる。双方ともにディフェンスが踏ん張り、一進一退の攻防が続く。第2クオーターに入り、外大は#9藤原(ベトナム科4年)のロングゲインなどでゴール前に迫り、フィールドゴール(以下FG)で3点先制。しかし、ロングパスによりICUがタッチダウン(以下TD)、3-7と逆転される。これに対し、外大はすぐに反撃を開始、じわじわと敵陣へと進入、最後は#83御法川(中国科2年)へのTDパスが決まり再逆転、10-7と3点リードでハーフタイムを迎
えると思ったのも束の間、ICUは残り時間15秒でロングパスを選択、これが見事に成功し、10-13で前半を折り返す。後半開始早々負けられない外大は、次々と秘策を繰り出すが成功せず、結局、後半2本のFGを確実に決めたICUが10-19で勝利を収めた。

 

6a0148c7d6bc93970c01676930399e970b終了後の両大学懇親会には、両大学学長、アメフト部OB 会幹部など総勢102名が集まり、親交を深めた。 ICU中西OB会長から、ホストした外大側への感謝と、次回ICUがホスト校となることが述べられた。この場を借りて当日ご支援を賜った皆様に厚く御礼を申し上げたい。

 

6a0148c7d6bc93970c0177440b4aac970d-800wi

アメフト部2012年シーズンのご案内

なお、2012年度シーズン、ファントムズは拓殖、国士舘、帝京、横浜国立などの強豪と戦う。極めて厳しい戦いになるが、これを勝ち抜くには母校の皆さんの応援が欠かせない。アミノバイタルフィールド、川崎球場、駒沢第2など公共スタジアムでの試合もあり、ぜひとも足を運んでいただき母校の奮闘に声援を送っていただければ幸いである。(ファントムズ会副会長・外語会理事 佐藤 拓 H5U科卒)

 

6a0148c7d6bc93970c016769303372970b-800wi

 

■2012年度 リーグ戦日程■

<関東学生アメリカンフットボール連盟2部Bブロック>

9/1 (土)  10:45- vs拓殖大学    @国士舘大学永山(小田急・京王線 永山駅よりバス)
9/16(日)  10:30- vs国士舘大学  @アミノバイタルフィールド (京王線 飛田給駅より徒歩5分)
9/30(日)  10:30- vs帝京大学    @駒沢第2球技場(東急田園都市線駒沢大学駅より徒歩10分)
10/14(日) 11:00- vs 横浜国立大学 @アミノバイタルフィールド(京王線 飛田給駅より徒歩5分)
10/28(日) 11:00- vs 東洋大学   @拓殖大学八王子(JR中央線・京王線 高尾駅よりバス5分)
11/11(日) 11:00- vs 青山学院大学 @拓殖大学八王子(JR中央線・京王線 高尾駅よりバス5分)

11/24(土) 11:00- vs 成蹊大学 @川崎球場(JR川崎駅より徒歩10分)

詳細は、関東学生アメリカンフットボール連盟WEBサイトをご覧ください。

http://www.kcfa.jp/2012sche-all.html

PHANTOMS公式WEBサイト:  http://www.tufsphantoms.net/ ※ マネージャ日記更新中!
お問い合わせ先:  info@tufsphantoms.net

東京外国語大学英米科昭和37年卒業生卒業50周年のつどい

6a0148c7d6bc93970c0177433aaaac970d-800wi

さる平成246月23日(土)東京外語会が母校で開催頂いた卒業50周年慶祝行事では英米科昭37卒(昭33入学)生は11名の出席でした。その二次会的な同窓会が6月30日(土)帝国ホテルにて開催されました。高橋(重)、田中(洋) 両君が幹事で、出席者は25名でした(青木、阿部、伊形、五十嵐、石田、碓井、大木、岡島、垣内、片塩、小林、清水、諏訪部、大道、高橋(重)、滝川、田中(和)、田中(洋)、土田、永井、中川、長窪、原田、湯澤、吉成)。

今年5月に急逝された秋山正義君他亡くなられた方々への黙祷に続き、乾杯、校歌斉唱。余興を交えて出席者全員のスピーチがありました。各々流石に卒業半世紀、自然体で個性たっぷりの聞かせるスピーチで全く退屈しませんでした。予定を大きく超えて3時間半のあっという間の楽しいひとときでありました。両幹事の名采配でした。次回はまた2年後ということで新幹事は諏訪部仁君、永井義人君のお二人に決まりました。この楽しい会が永く続く事を期待しております。(E昭37 岡島敏夫)

 

6a0148c7d6bc93970c0167685f9671970b-800wi6a0148c7d6bc93970c017616548397970c-800wi6a0148c7d6bc93970c0167685f9afc970b-800wi6a0148c7d6bc93970c0167685f9b3d970b-800wi6a0148c7d6bc93970c0177433aa3d2970d-800wi6a0148c7d6bc93970c0177433aa6c7970d-800wi6a0148c7d6bc93970c0177433aa7c7970d-800wi6a0148c7d6bc93970c0177433aa42a970d-800wi6a0148c7d6bc93970c0177433aa481970d-800wi6a0148c7d6bc93970c0177433aa834970d-800wi6a0148c7d6bc93970c0176165483db970c-800wi6a0148c7d6bc93970c0176165484c4970c-800wi6a0148c7d6bc93970c017616548491970c-800wi

第2回 東京外語会デリー支部のつどい

6a0148c7d6bc93970c017616547e22970c-800wi

2012年6月24日(日)午後7時より、インド・デリー市内にて、Delhi近郊に在住の東京外国語大学卒業生の会が催されました。今回は昨年末(2011年12月9日(金))の開催に続き、第2回目の集会となります。この時期、北インドは日中の気温が45度を超える猛暑の時期に当たりますが、厳しい自然環境の中にもかかわらず、7名の同窓生が集うことができました。

会場はNew Delhi市内のSundar Nagar(「美しい街」の意)にある、モダンに洗練されたイタリアレストラン「BACI」です。本レストランは、1階にはしゃれたバーカウンターが設置され、2階がレストランとなっており、メニューも豊富に取り揃えており、参加したメンバーは皆、本場イタリアさながらの味を楽しむことができました。

今回の参加者は、写真向かって右側より、インド三井物産にお勤めの増田さん(平成19年ウルドゥー語科卒)、インドPWC勤務の平川さん(平成19年ウルドゥー語科卒)、日本大使館勤務の藤田さん(平成14年マレー語科卒)、藤田さんの奥様の藤田明子さん(平成15年マレー語科卒)、Toyota Material Handling India社長の石原さん(昭和55年ポルトガル・ブラジル語科卒)、川崎重工業デリー事務所の木村さん(昭和61年インドシナ語科タイ語卒)、ランバクシー・ラボラトリーズ・リミテッド社に勤務の内田(平成9年度ヒンディー語科卒:本会の幹事)の7名が集いました。

お陰様で、会は穏やかにそして和やかに進行し、様々な話題に花が咲きました。西ヶ原時代の外語大の様子、府中キャンパスについて、学生時代のクラブ活動環境、デリーの生活状況やインドでスペイン語を学ぶには?等々、話題は尽きることがありませんでした。参加された皆様方におかれましては、大変寛いだご様子で、当会の幹事としましては、皆様が愉快な時間を共有することが出来たものと確信しております。

次回(本年の年末を予定)の再会を約束し、本会は散会となりましたが、Delhi外語会のネットワークの基盤づくり・更なる会の活性化・継続した定期会合の開催等々、今後も更に推し進めて参りますので、引き続き皆様方のご協力とご支援を宜しくお願い申し上げます。

 

関西支部総会・懇親会開催報告

6a0148c7d6bc93970c016305a2ead4970d

2012年の関西支部総会が 4月28日(土)にラマダホテル大阪にて開催されました。今年はGWの初日の開催となりましたが、東京からはご多忙にもかかわらず、宮崎恒二・大学理事、東京外語会・上原尚剛理事長(S昭34)、また、特別講師の加藤千洋氏(C昭47)、大阪外国語大学(現大阪大学外国語学部)の同窓会「咲耶会」からも3名ご来場いただき、今年も総勢約70名が参加しました。
6a0148c7d6bc93970c0168eb98876b970cまず三村正治関西支部長(C昭41)開会の挨拶で総会が始まりました。上原理事長からは、新たにスタートした大学をさらに後方支援するなど、外語会の期待される役割についてお話があり、さらに「咲耶会」少德会長からもご来賓の挨拶を頂きました。宮崎理事は、4月から「言語文化学部」と「国際社会学部」二学部制として新しい東京外国語大学がスタートしたことについて詳しくお話くださいました。これからの学生達が  ますます世界に躍進し、貢献することへの期待が膨らみます。

総会の後は関西支部の目玉である『特別講演会』です。毎年 いろいろなジャンルでご活躍の同窓生を講師としてお招きしています。今年は、中国語科卒で、長年朝日新聞の編集委員としてご活躍され、現在同志社大学教授の加藤千洋氏をお招きし、「気になる隣人・中国をどう見るか」をテーマにお話頂きました。報道番組のコメンテーターとしてテレビでご活躍されただけに、わかりやすく、興味深い講演でした。

 
6a0148c7d6bc93970c016305a2ec45970d講演会の余韻に浸りつつ、お楽しみの懇親会に移りました。詩吟もあり、美味しい食事とお酒も入って、ど

のテーブルもおしゃべりに花が咲き、和気藹々とした雰囲気。今年は加藤氏の講演もあり、中国語科の参加者が今まで最大の18名と多く、懇親会の最後には有志で「草原情歌」を中国語で歌い、場を盛り上げてくれました。楽しい時間はあっという間に過ぎてしまい、来年もまた元気で再会できるように、と願って散会しました。今年も、関西在住のみならず東京、徳島、上海からご参加いただきました。最近は女性、平成卒の参加者が増えてきて、年齢、語科などの垣根を越えて楽しめる会となっています。遠方からのご参加や、就職・結婚で関西に来られた若い世代の皆様も大歓迎です。ぜひ関西支部の総会・懇親会にご参加ください。お待ちしております。 (会報126号(10月1日付発行予定)「支部便り」に詳細を掲載予定です)

 

文責 関西支部幹事 安井紀子(S53)

 

東外大有志、ユネスコ本部で東北復興写真展 開催

東日本大震災から1年を迎えた2012年3月11日、東外大の有志学生で結成した東北復興写真展実行委員会は、ユネスコパリ本部にて「東北復興写真展」を開催しました。2011年10月から半年間を費やし準備を進めてきましたが、当日は1300名以上の来場者に鑑賞していただき大成功を収めました。東北復興写真展の開催に合わせましては、外語会の皆様方には多くのご寄附やご助言を頂戴いたしました。改めまして、深く御礼申し上げます。

東日本大震災後、東外大内にも被災地を支援するボランティアサークル・「外大東北復興支援隊」が立ち上がりました。このサークルを通じて宮城県石巻市でのボランティアを現在まで続けてきましたが、被災地では「今回の震災を忘れないでほしい」、「被災地から発信する情報を受け取ってほしい」という声を多く聞くようになりました。そういった被災地の声に応える形で企画したのが今回の東北復興写真展でした。

具体的な方法としては、被災地で活動を続ける10団体にご協力をいただき、それぞれの団体の取り組みを捉えた写真をご提供いただきました。この写真を展示することで、1年という時間が過ぎ去った今、被災地の現状はどうなっているのか、復興はどれくらい進んでいるのかを観賞者に伝えやすくしました。また、震災直後からどれほど生活状況が改善しているのかを一段とわかりやすく伝えるために、今回の協賛企業であった河北新報社から震災直後の様子を捉えた報道写真をお借りしました。結果的に、約100枚の写真パネルを展示することになりました。

6a0148c7d6bc93970c016303952d30970d


写真展開催に合わせ、日本からは3名が渡仏をしました。また、現在パリで留学生活を送っている

5名も仲間に加え、写真展当日は8名によって鑑賞者を迎えました。14時の開場とともに鑑賞者の人数は増え
てゆき、18時30分の閉場までの間に約1400名の方々に写真をご覧いただくことが出来ました。これまでの震
災関連の写真展では震災直後の被害状況を伝えるものが多かったように思いますが、今回の私たちの写真展では上述の通り、被災地の「今」を伝える写真も展示しました。その結果、鑑賞者からは「東北の現状を知る機会がこれまで少なかったため、今回の写真展は非常に興味深かったし見に来てよかった」、「被災地で頑張っている人を見たので、これからも応援し続けていきたいと強く思った」など、非常に嬉しい感想をいただくことが出来ました。

 

6a0148c7d6bc93970c0168e98b34f1970c

 

6a0148c7d6bc93970c016303952ff7970d

また、写真展を通じて日本人と外国人の心をつなげるため、来場者から被災地に向けてメッセージを頂戴しました。フランス在住の日本人はさることながら、フランス人からも暖かい応援メッセージが寄せられました。写真展終了までに集めた約100件のメッセージはtwitterを利用して随時発信し、被災地に住む方々へ届けました。

6a0148c7d6bc93970c016303952e40970d-800wi

今回の東北復興写真展を通じて、私たちは今後も被災地からの情報を受ける受信者でもあり、世界中の人々にその現状を伝える発信者でもあり続ける必要があることを痛切に感じました。被災地の復興には十年以上かかると言われていますが、人々の生活は時間の経過とともに変化しています。仮設住宅に入居し生活水準の改善は進んでいるものの、雇用問題など今後も向き合っていかなければならない問題は山積みだといいます。こういった逐一変化する状況を私たちが世間に向かって代弁することは、東京にいながらもボランティアとして被災地と向き合える方法の一つだと感じています。東北復興写真展は上述のように成功をもって終了いたしましたが、今後は写真展で展示をした写真を東外大の26専攻語で紹介している多言語ウェブサイト、“Tohoku 10 × 26 windows”の更新を続けることにしています。今回ご協力をいただいた被災地の10団体とは、今後とも末永いお付き合いをさせていただくことにしています。

今回の写真展開催にあたり、東京外語会の皆様方にはご寄附を頂戴するなど大変お世話になりました。また、外語会パリ支部の方々には写真展前に激励会を開催していただきました。異国の地にて活躍されているOBOGの皆様とのお話は大変刺激的であり、同じ外語大生として目指すべき姿の数々でした。

 

6a0148c7d6bc93970c01676489f441970b-800wi

改めまして、この度は東北復興写真展開催にあたり多大なるご協力をいただき、誠にありがとうございました。今後とも東外大の学生ならではの方法で被災地と向き合っていく所存ですので末永く見守っていただけますと幸いです。

今回の皆様方のご協力に対し、この場をお借りして深く御礼申し上げます。

東北復興写真展実行委員会
代表 田中大一

大盛会の福岡支部外語会開催報告

6a0148c7d6bc93970c015438bf1b59970c-800wi

11月26日(土)、中華料理店『萬福楼』にて、福岡支部外語会を開催しました。

当日参加、また大阪外大の卒業生も含め総勢27名の参加となり、ここ数年では一番の盛り上がりとなりました。瀬頭先輩(1959年 ロシア語卒)による乾杯で開会、初参加のメンバーが自己紹介を終えた後、懇親会に移行し、各会員が近況報告を行いました。特に諸先輩方のご活躍ぶりを伺うにつけ、我々の世代も負けてはいられない、との思いを新たにした次第です。美味しい中華料理に舌鼓を打ち、余興のビンゴゲームでも盛り上がり、会員一同充実した秋の一夜を過ごすことができました。

今後の会の在り方についても意見が出されました。各会員が自分の専門分野に関して『講話』をしてはどうかというものです。諸先輩方は勿論、各界で活動している他会員の話に耳を傾けることは大変有意義なものであり、来年以降是非、実施したいと思います。

最後に、今年で福岡を離れる野口先輩(1974年 フランス語卒)の前途を祝し、「博多手一本」で閉会となりました。来年もまた会員一同、元気な姿で集まれることを心より楽しみにしております。(文責:外語会福岡支部 安部有樹 C平14卒)

アメフト部、入替戦で武蔵大を破り、創部26年目で初の2部昇格!アメリカンフットボール部Phantoms


6a0148c7d6bc93970c01675ebb92e1970b-800wi
2011年9月、立正大戦よりPhantoms21年目のシーズンが始まった。17対16と接戦の勝利が選手たちに自信を植え付け、埼玉大戦(6対6)の引分けを除き、芝浦工業大戦(24対3)、宇都宮大戦(57対3)と勝利し、迎えた最終戦の相手は電通大を試合開始より攻守で圧倒、58-7で勝利し、通算4勝0敗1分で10年ぶり3度目の3部優勝、入替戦出場を決めた。
6a0148c7d6bc93970c01675ebbab0d970b-800wiそして運命の12月10日、武蔵大学との入替戦。外大、FGで3点を先制するもセーフティで2点を返される。ゴール前に迫った外大は、QB木口が走りタッチダウン、10-2で前半を折り返す。膠着状態のまま迎えた第4クオーター、武蔵大QBの投じたパスをLB深瀬がインターセプト!そのままエンドゾーンに駆け込みタッチダウン、17-2と15点のリード。その後、武蔵大の猛攻により13点を奪われるも、17-15のまま、300名を超す外大応援団とチームが一体となり、勝利へのカウントダウンが始まる、「10・・・3,2,1,ゼロー!」。会場内に歓声と号泣する声が入り交る中、創部26年目、連盟加盟21年目にして初の2部昇格が決まった。2012年9月から、国士舘大学、拓殖大学、横浜国立大学等と同じ関東2部Bブロックにて念願の1部昇格を目指す(http://www.kcfa.jp/2012blk.html)。

6a0148c7d6bc93970c0162fdc7d508970d-800wi
今シーズンも多くの方々のサポートがチームの力となった。この場を借りてご声援、ご支援を賜った皆様に厚く御礼を申し上げたい。(文責:佐藤 拓 H5年U科卒)

PHANTOMS公式WEBサイト: http://www.tufsphantoms.net/
お問い合わせ先: info@tufsphantoms.net

 

サッカー部OB会恒例の「蹴球祭」

6a0148c7d6bc93970c0154379fea6a970c-800wi6a0148c7d6bc93970c015393cc793a970b-800wi

1964年10月10日(東京オリンピック開会式)に当時のサッカー部員有志が西ヶ原グランドに集まり、卒業後もこの日にサッカーを楽しもうと誓い合ったのが起源です。


毎年10月10日(体育の日)に開催し、OBと学生部員でサッカーを楽しんできましたが、10年程前から学生の秋季リーグ終了後の11月初旬に変更しました。20年程前から大阪外語サッカー部OBも招いて、大阪外語との対抗戦の番外編を繰り広げています。近年女子サッカー部(外語なでしこ)も活発に活動しており、シニアOBは女子部との試合を楽しみにしています。今年は11月5日(土)に本学グランドで開催。学生サッカー部員(男子・女子)、東京OB(19名)、大阪OB(7名)の総勢67名が参加しました。(S55谷口茂)

アメフト部、無敗でリーグ優勝、創部26年目で初の2部入替戦出場!アメリカンフットボール部PHANTOMS

6a0148c7d6bc93970c01675ebb92e1970b-800wi
アメリカンフットボール部PHANTOMSは、電気通信大学との今シーズン最終戦を58-7と圧勝、通算4勝0敗1分で関東学生アメリカンフットボール連盟3部Aブロック優勝、創部26年目で、初の2部入替戦に挑む。

2011年9月25日(日)、東京外国語大学で開催された立正大戦よりPHANTOMS(ファントムズ)の21年目のシーズンが始まった。昨年から主力16選手が抜け、春のICU第1回交流戦に敗れた後、厳しい練習で自らを追い込み、秋のリーグ戦に向け準備してきた。初戦は確実にキックを決めた外大が17対16と辛勝、しかしこの勝利が選手たちに自信を植え付けた。その後は、大雨の中、引分けに終わった埼玉大戦(6対6)を除き、芝浦工業大戦(24対3)、宇都宮大戦(57対3)で確実に勝利をおさめ、最終戦を残し首位に立った。

11月20日(日)、駒沢第2球技場での最終戦にて電気通信大学を迎えた。思えば電通大は、初めて連盟に加盟した1991年、4部リーグ最終戦で惜敗し、優勝を逃した運命の相手。その直前、2位の芝浦工業大学が34対17で勝利したため、優勝するには、最低でも引き分けが必要だが、気持ちよく勝利で優勝を飾りたい。

6a0148c7d6bc93970c015393cc5ece970b-800wi

試合開始より、外大の攻撃陣が爆発、ランで21点を挙げる一方、守備陣もファンブルボールを奪いタッチダウン、第1クオーターだけで28点をリード。その後、安定した攻撃と守備により、電通大を圧倒、後半、タッチ




ダウンを1本奪われたものの、58-7の大差で外大が勝利を収め、10年ぶり3回目の3部優勝(過去2回は得失点差で入替戦出場ならず)、そして、創部26年目、連盟加盟21年目にして初の入れ替え戦出場を決めた。相手は2部の強豪・武蔵大学、12月10日(土)アミノバイタルフィールドにて雌雄を決する。

今シーズンも多くの方々のサポートがチームの力となった。この場を借りてご声援、ご支援を賜った皆様に厚く御礼を申し上げたい。(文責:佐藤 拓 H5年U科卒)

 

6a0148c7d6bc93970c0154379fdbf9970c-800wi

■2011年度 リーグ戦結果・日程■
対戦成績:4勝0敗1分・3部Aブロック優勝
9/25(日)  ○外大 17 vs   16 立正大学    @東京外大Gr.
10/9(日)  ○外大 24 vs    3 芝浦工業大学 @立正大熊谷Gr.
10/22(土)  △外大   6 vs    6 埼玉大学  @埼玉大北浦和Gr.
11/6(日)  ○外大 57 vs   3 宇都宮大学  @アミノバイタルフィールド
11/20(日)  ○外大 58 vs    7 電気通信大学 @駒沢第二球技場

PHANTOMS公式WEBサイト: http://www.tufsphantoms.net/
※マネージャ日記更新中!お問い合わせ先: info@tufsphantoms.net

秋たけなわ、外語祭もたけなわです。

6a0148c7d6bc93970c015437301410970c-320wi
第89回外語祭が19日(土)から23日(水)まで府中キャンパスにて開催されております。

 

6a0148c7d6bc93970c0162fcb20584970d-800wi外語祭実行委員会のサイトhttp://www.gaigosai.com/を見ると、語劇はもちろんですが、各国の料理 屋、世界各地のダンス、音楽など満載で、他の大学の学園祭とは一味違ったユニークさを感じさせられます。昨年同様「世界の文字で綴る私の名前」コーナーには人だかりがしていましたし、「着てみよう民族衣装」コーナーではユニークな衣装を着て写真を撮っている人がたくさん居られました。小生は初日19日、20日と訪問させていただきましたが、在校生諸君のエネルギーに圧倒されることばかりでした。

6a0148c7d6bc93970c0162fcb2096b970d-800wi残念ながら初日は大雨で、びしょぬれ(とくに足元が悪かった)になりましたが、それでも熱心に中央野外ステージの前でロックを楽しんでいる人がおおぜいいました。当日はこの日にあわせて大学主催の「保護者説明会」が開催され、保護者の皆様に大学の教育システム、キャリアー形成教育システム、就活支援、留学支援などなどの説明があり、また、就職が内定した学生による留学・就活の体験報告などもあり、充実した内容と思いました。伺ったところ随分遠距離からこのためにお越しいただいた保護者の方も居られた由で、お天気が悪いのが本当に残念に思えました。この日は恒例の学長による講演会「全体的不幸を見つめるドストエフスキー」が開催されました。

 

6a0148c7d6bc93970c0162fcb207db970d-800wi

20日(日)は昨日とは打って変わって秋晴れのすがすがしい一日でした。キャンパスの木々が紅葉の最盛
期を迎えており本当にきれいでした。時間的な制限があり(とくに語劇は各国語一回しか上演されませ
んので全てを見ることはまず不可能です)断片的な感想しかないのですが、研究講義棟の各教室などでは

ゼミ単位の展示・発表もあり、かなり充実したものになっていました。天気がよいので野外ステージにおおぜいの人が詰めかけ、舞台との交流もかなり活発に行なわれているように見えました。この日は大学がオープンキャンパスを企画し、受験生諸君の姿が散見されました。優秀な人材を受け入れるために、外語祭も一役買っているようです。

6a0148c7d6bc93970c015437302e0e970c-800wi

というわけで、あまりにも盛りだくさんで、全ての企画を見たり聞いたりすることは出来ませんが、大いに楽しめました。皆さまにも是非キャンパスを訪問していただきたく筆を取りました。今年から野外ステージの正面に外語会のテントを設けましたので、是非お越しいただきたくご案内申し上げます。コーヒー(といってもインスタントですが)お茶など温かい飲み物を用意しておりますので暫しのお休みに利用していただければ幸甚です。

東京外語会広報小委員長
淡野武司(S39)

 

【速報】外語大アメフト部、2011年度リーグ戦で開幕2連勝!埼玉大と同率で首位を快走!(東京外国語大学アメリカンフットボール部PHANTOMS)

6a0148c7d6bc93970c01539285796b970b-800wi
アメリカンフットボール部PHANTOMSは、9月25日(日)に開幕した関東アメリカンフットボール連盟3部Aブロック初戦、立正大学戦を激しい接戦の末、17対16で制した。芝浦工業大学との第2戦では24対3と圧勝し、開幕2連勝、同ブロックの首位に立った。

 

両試合における詳細は後述のとおりだが、次節10月22日(土)は、埼玉大北浦和グラウンド(http://www.saitama-u.ac.jp/access/accessmap.html)にて、埼玉大学との同率首位全勝対決。昨年度も同じブロックで敗れたこともあり必勝を誓いたい。

 

第4節 宇都宮大学戦(11/6(日)13:15 キックオフ)は、味の素スタジアム横のアミノバイタルフィールド(http://www.kcfa.jp/GR-K.files/AJISTA.htm)、第5戦 電気通信大学戦(11/20(日)13:15 キックオフ)は駒沢第二球技場(http://www.tef.or.jp/kopgp/guide/ballgame_2.html)、と観戦席があり、座って観戦いただける公共競技場での開催となる。一人でも多くの外大OB・OGの皆様にお越しいただき、ご支援・ご協力を賜れれば幸甚である。

 

2部昇格、そして、第2回ICU定期戦での勝利を目指し、GO, PHANTOMS!

———————————————————————————

■2011年度 リーグ戦結果・日程■

対戦成績:2勝0敗0分・3部Aブロック首位(10月15日現在)

9/25(日)  ○ 外大 17vs16  立正大学    14:00 キックオフ @東京外大Gr.
10/9(日)  ○ 外大 24vs 3  芝浦工業大学  11:00 キックオフ @立正大熊谷Gr.
10/22(土)  外大    vs  埼玉大学  13:45 キックオフ @埼玉大北浦和Gr.
11/6(日)  外大    vs  宇都宮大学  13:15 キックオフ @アミノバイタルフィールド
11/20(日)  外大    vs  電気通信大学  13:15 キックオフ @駒沢第二球技場

PHANTOMS公式WEBサイト: http://www.tufsphantoms.net/ ※ マネージャ日記更新中!
お問い合わせ先: info@tufsphantoms.net
対戦成績進捗・会場情報: http://www.kcfa.jp/(関東大学アメリカンフットボール連盟)

———————————————————————————

●第1戦:東京外国語大学PHANTOMS vs.立正大学BULLDOGS ●

2011年9月25日(日)    天候:晴れ   14:00 kick off    於:東京外国語大学飛田給Gr.

6a0148c7d6bc93970c015392857cbc970b-800wi

爽やかな秋晴れの下、外大ホームグラウンドでの第一戦となった。第1回ICU定期戦大敗へのリベンジを目指し、夏合宿でチーム一丸となり、自分を追い込んだ、その結果がこの試合で明らかになる。立正大のキックオフにより試合開始。外大#81 荒居(2)が自陣13yds地点よりいきなり32ydsのビッグリターンを決め、外大自陣45yds地点より攻撃開始。外大QB #8 羽石(3)が順調に1st-down取った直後、投じたパスを立正大がインターセプト!58ydsのロングゲインを許し立正大タッチダウン!PAT失敗で外大0-6立正大とリードを許す。 立正大のキックオフをリターンし、外大の攻撃。立正大の好守に阻まれパントに追い込まれる。しかし、外大#9 P 藤原(3)の好キックにより、立正大の攻撃は自陣3ydsから開始。2nd-downからの立正大パスを外大#47 LB 木村(4)がインターセプト!そのまま3ydsを走りタッチダウン! PATも成功し、外大7-6立正大と逆転!

外大は、続く立正大の攻撃を封じ、パントに追い込む。しかし、外大も自陣からの攻撃を封じられ、パントを選択。さらに、スナップミスによりパントが蹴れず、敵陣(外大陣5yds)の好位置から立正大の攻撃となった。ここで外大ディフェンスが踏ん張りタッチダウンを許さないが、立正大は4th-downでFGを選択。これを成功させ、外大7-9立正大と再び逆転を許す。第2クオーターに入り、一進一退の攻防が続くが、外大がじわじわと敵陣に攻め込み、敵陣11yds地点から外大#37 K 石橋(2)のFGが成功、外大10-9立正大と逆転に成功したところで前半が終了。
外大キックオフにより後半開始。立正大は最初の攻撃を封じられパント。続く外大の攻撃では、立正大がパスをインターセプト!攻守交替となる。ここで、外大ディフェンスが踏ん張り、立正大のゲインを許さない。その結果、立正大、敵陣20yds地点よりFGを選択、成功すれば再逆転となる。しかし、これが失敗に終わり、外大はピンチを逃れる。一進一退の攻防が続いたのち、外大は自陣20yds地点から攻撃開始。外大#6 QB 山口(2)が投げたパスを#88 TE 多奈田(5)がキャッチし、立正大ディフェンスを抜き去り26ydsのゲイン!順調にゲインを進める中、外大にホールディングの反則があり、15ydsの罰退。その結果、新たに1st-downを更新できず、外大はパントを行い、再び立正大の攻撃となる。ここで2nd-downでの立正大のパスを外大#10 SF 三浦(4)がインターセプト!攻撃権を奪う。ここで第3クオーターが終了。

最終第4クオーターでは、敵陣37yds地点より外大のオフェンス。外大#6 QB 山口(2)の投じたパスを#88 TE 多奈田(5)がキャッチし、27ydsのゲイン!しかし、タッチダウンまで10ydsのところで投じたパスがまたしてもインターセプトされる!立正大は一気に46ydsをリターン。その後も立正大の攻撃は続き次々とロングゲイン、そして外大自陣9ydsからのパスがついに成功し、タッチダウン!PATも成功し、外大10-16立正大と再び逆転を許す。
試合終了が迫る中、立正大のキックオフにより試合再開。自陣45yds地点より外大の攻撃、タッチダウンの得られるエンドーンまで残り55 yds。立正大がロングゲインを警戒する中、外大#10 TB 三浦(4)がロングゲインを重ねる。そして、敵陣10ydsより外大の攻撃。ボールを受けた外大#10 TB 三浦(4)はエンドゾーンまで一気に駆け抜けタッチダウン!外大16-16立正大と同点に。プレッシャーがかかる中、外大#37 K 石橋(2)のキックは見事成功、PATの1点を加え、外大17-16立正大とついに逆転!同スコアのまま試合終了、初戦勝利を飾った。

外大は、獲得ヤードが300ヤードと、立正大の4倍以上の攻撃力を見せ、逆転を繰り返す一進一退の攻防を制し、春からの成長が感じられる試合となった。

———————————————————————————

●第2戦:東京外国語大学PHANTOMS vs.芝浦工業大学FIGHTING ENGENEERS●
2011年10月9日(日)  天候:晴れ 11:00 kick off   於:立正大学熊谷Gr.

6a0148c7d6bc93970c015392857d5e970b-800wi

第2戦は、昨年まで2部に所属した宇都宮大学を下した芝浦工業大学との対戦。外大のキックオフにより試合開始。芝工大、1st-downを繰り返し、じわじわと外大陣へ攻め込み、FGを成功、試合開始早々、外大0-3芝工大とリードを許す。芝工大のキックオフにより試合再開、外大自陣28yds地点より1st-10。外大#10 TB 三浦(4)ランにより1st-down獲得!しかし、次のシリーズでは最終的にパントに追い込まれる。続く芝工大の攻撃は一度1st-downを取られるものの、最終的にはパントに追い込み、外大の攻撃となったところで第1クオーター終了。第2クオーターに入り、両校ともに大きなゲインを得られず、パントの蹴り合いが続く。自陣25yds地点から始まった外大の攻撃では確実なゲインを重ね自陣50ydsへ。ここで、外大はスペシャルプレー「フリッカーロングパス」を選択、#7 QB木口(4)からボールを受けた#6 TB山口(2)が#81 WR荒居(2)ロングパス!これが見事決まり、50ydsを独走、逆転のタッチダウン!外大#37 K石橋(2)のPATも成功、外大7-3芝工大。続く芝工大の攻撃を抑え、前半が終了。
6a0148c7d6bc93970c0154365936de970c-800wi後半は、芝工大のキックオフにより試合再開。外大は#6 QB山口(2)が自らボールを持ち、OLがナイスブロックでこじ開けた道を通って、54ydsを駆け抜ける!敵陣4ydsより再び攻撃を開始するも、エンドゾーンを目前にしてなかなか前に進めない。しかし、迎えた3rd-downで#10 TB三浦(4)が3ydsを走り抜けタッチダウン!#37 K石橋(2)のPATも成功し、外大14-3芝工大とさらにリードを広げる。

外大キックオフで試合再開。芝工大もヤードを重ねるものの、外大ディフェンスが踏ん張り、攻守交替。外大の攻撃となり、3rd-downでは外大#7 QB木口(4)から#88 TE多奈田(5)にパスが通り、芝工大ディフェンスを薙ぎ払って71ydsを独走しタッチダウン!続く外大#37 K石橋(2)のPATも成功し、外大21-3芝工大。 外大キックオフにより試合再開、芝工大攻撃となるが、3rd-down投じられたパスを外大#10 SF三浦(4)がインターセプト!攻守交替して敵陣36yds地点より外大の攻撃。まずは外大#6 QB山口(2)が走り14ydsゲインするなど敵陣22ydsまで攻め込み、外大#37 K石橋(2)のFGが成功、外大24-3芝工大。  外大キックオフ後、芝工大の攻撃を抑え、再び外大オフェンスに変わるがパントに終わる。続く芝工大の攻撃では、パスがいいところで決まり、ゲインを重ねるが、最終的には外大#88 DL多奈田(5)がQBサックをして7ydsのロスを与え攻守交替。その後 外大、芝工大とも大きなゲインなく、時間切れ、外大24-3芝工大にて外大の勝利となった。

前節 2部からの降格校を破り、厳しい試合が予想されていたが、外大ディフェンスが奮起し、タッチダウンを一本も許さず、また、攻撃陣も確実なラン攻撃に加え、要所でのパスが成功したほか、前回4回あったインターセプトが0回と攻守ともにスキのない勝利となった。
——————————————————————————–

◆東京外国語大学アメリカンフットボール部PHANTOMS◆

1986年創部、1991年に関東大学アメリカンフットボール連盟に加盟。昨年は元1部の防衛大学校と引き分け、惜しくも優勝を逃したが、2部昇格を目指して活動中。部員総数58名。OB/OG約160名のうち、過去20名強が社会人1部リーグ(X League)で活躍。中でも現ヘッドコーチ大津俊郎(M98年卒)は、社会人の強豪・富士通フロンティアーズで活躍、日本代表に選出され、第2回W杯ドイツ大会に出場、日本の優勝に貢献した。目標は、2部昇格・第2回ICU定期戦勝利。

———————————————————————————

東外大オープンアカデミー、ロシア語講座を聴講して

みなさま、こんにちは! 1964年にスペイン語科を卒業いたしました淡野武司です。

一昨年から東外大のオープンアカデミーでロシア語を学んでおります。

6a0148c7d6bc93970c01539185f19c970b-800wi

70歳を越えていまさらなんで語学の勉強ですか? スペイン語を専攻したお前が何でロシア語なの? また、何でオープンアカデミーなの?と聞かれることが多いので今日はそれらの疑問にお応えするとともに、皆さまにもご卒業後あまり使わないままに錆びつつある(?)言語のブラッシュアップや新しい言語の習得にオープンアカデミーにお越しいただけるようご案内したいと思います。



生来怠け者の私ですが何とかスペイン語を卒業させていただき(原誠先生ありがとうございました)某政府金融機関に25年勤務の後、ご縁があって某商事会社で働かせていただきました。某会社はロシアのサハリンで欧米企業とともに石油ガス開発プロジェクトに投資し、ロシアとのプロダクションシェアリング契約に基づきJ/Vを設立、モスクワに本社を設けました。このJ/VのC.F.Oとして私が赴任することになりました。
6a0148c7d6bc93970c015435591817970c-800wiロシア語チンプンカンプンの私でしたが、会社の中は英語が公用語、ロシア人スタッフも英語が堪能でしたのでとくに問題はありませんでした。ロシア人の総務部長から「淡野さん、会社の中は大丈夫ですが外へでれば英語はぜんぜん通じません。安全上の問題があるのでロシア語を習ってください」といわれ、ご親切にもロシア語の家庭教師をつけてくれました。ここでまじめに勉強していたらよかったのですが、今から考えてみるともったいないことをしました。ロシア語の先生はむちゃくちゃまじめで、毎回大量の宿題が出るのです。

前にも述べましたとおり生来怠け者の私にはこれが苦痛で、先生がアポ通り会社のレセプションに到着した旨の連絡が来るとレセプションの女性に今日は忙しくて時間がないと伝えてくれといって勝手にキャンセ
ルするという恐れ多いことを繰り返しました(ニコライ先生ごめんなさい)。そういうわけで3年経って帰国したときにはロシア語はまったく身についておりませんでした。

そんな私ですが、しばらく経つとロシアに対する郷愁のようなものが高まってきたことと、外語会の仕事を
通じて亀山先生(現学長)に親しくさせていただいたこともあって、一念発起でロシア語を勉強しようと思うようになりました。おりしも、定年で退官された渡邉雅司先生がオープンアカデミーの教壇に立たれるという話をお聴きし早速申し込みました。
6a0148c7d6bc93970c015391860294970b-800wiそれ以来2年半、何度も落ちこぼれそうになりながら自分でもよく続いていると思っています(渡邉先生、私を見捨てないでください)。渡邉先生の情熱と温かいお人柄のお陰ですが、級友たちがまた素晴らしく、教室内だけでなく飲み会その他の機会を通じてよい刺激を頂いております。

級友の中には外大ロシア語卒業生もいれば私のように他の言語専攻のものも居ますが大半はそれ以外
の人です。この中には文学座の創設にかかわった女優さんや言語学者など本当にバライエティーに富んでいます。いずれもロシアに対する深い関心の持ち主ばかりです。

オープンアカデミーの授業は外大府中キャンパスと本郷サテライトの両方で、時間帯も昼間と夜間開講されています。現在開講されているのは15言語でロシア語だけでも6クラスあります。

内容的に素晴らしいだけでなく他の語学学校と比較してお安いのも魅力の一つです。

是非、御検討いただきたくご案内する次第です。具体的には大学のHP http://www.tufs.ac.jp/common/open-academy/index.html をご参照ください。

国際基督教大学(ICU)との定期戦をスタート!(アメリカンフットボール部PHANTOMS)

6a0148c7d6bc93970c015434c63460970c-800wi

アメリカンフットボール部PHANTOMSは、2009年3月、外語大と国際基督教大学(以下ICU)が締結した「教育・研究交流協定」の合意の一環として、ICUアメリカンフットボール部APOSTLESと毎年定期戦を開催していくことで合意。2011年5月29日(日)、記念すべき第一回定期戦を開催した。

———————————————————————————————————————-

○定期戦への道のり

6a0148c7d6bc93970c015390f2a4e0970b2010年7月、PHANTOMS(ファントムズ)は、創部25周年・関東大学連盟加盟20周年記念パーティを 開催した。現役/OB/OG総勢150名が集い、今後の更なる飛躍を誓う中、来賓としてご臨席いただいた亀山学長からご提案いただいたのは「アメフト部でICUとの定期戦はできないの?」というアイデアだった。他大学との定期戦開催は、当部の新たな一歩として重要なテーマのひとつであったが、なぜかICUは対戦候補から抜け落ちていた。言われてみれば、両校は直線距離にして1.5km。「語学に強い」という大学の系統も似ている。そして2009年3月には「教育・研究交流協定」が締結され、単位相互認定など学業面の交流だけでなく、「対抗試合の実施など、課外活動を通して学生間の相互交流を促進していく」ことが謳われていることもわかった。2007年に大阪外大が大阪大学に統合され、伝統の「外大戦」も途絶えている。PHANTOMSがICUとの定期交流の端緒となることで、将来的には他運動部も巻き込んだ動きになれば、という思いも生まれてきた。「やりましょう!」、早速、PHANTOMS OB会より話を持ちかけ、ICUアメフト部APOSTLES(アポッスルズ)関係者そしてICU学長から賛同を得た。

試合会場は、関東大学アメリカンフットボールのメッカ、アミノバイタルフィールド(味の素スタジアム併設)。当日は、両校学長によるコイントスで試合を開始し、日頃お世話になっている両校チアリーディング部より、応援・ハーフタイムショーをお願いすることにした。思いは、この定期戦を、アメフト関係者だけでなく、両校学生の交流を増やし、両大学がともに盛り上がる「場」とすることだ。できるだけ多くの人を集めるため、ICUと合同で記念Tシャツを作製したほか、定期戦ポスターを学内外に貼り、入場チケットを無償配布した。現役学生だけでなく外大OB/OGの方々にもご参加いただくため、外語会WEBサイトにも案内を掲載いただいた。さて、どれだけの人が集まることか。

 

○運命の5月29日~試合当日

6a0148c7d6bc93970c015434c63784970cそして当日。皆の祈りを打ち砕くように、前夜からの雨が更に強まり、「参加を取りやめる人が続出するのでは」と絶望的な気分になる。関東の雄・日本大学、立教大学両校は、我々がICUと第一回定期戦を行うことから、自らは午前の第一試合に回り、メイン試合となる午後の第二試合を譲ってくれた。何としても観客が入らないと格好がつかない。雨が激しさを増す中、思いが通じたか、来場者は第一試合終了間際から次第に集まり始め、試合開始直前には、外大側スタンドの6割以上が埋まり、色とりどりの傘の花が咲いた。この光景に、試合を心待ちにしていたメンバー一同、ほっと胸を撫で下ろした。生憎の悪天候にも係らず、外語会からは、淡野副理事長、川野会報委員長、寺田様、相馬様、学生後援会からは道宗会長にもご参加いただいた。

試合開始定刻の13:15、両校学長が固い握手を交わし、記念ペナントを交換した後、亀山学長のコイントスにより、ICUとの定期戦の幕が切って落とされた。降りしきる雨のなか、両校のヘルメットが激しくぶつかり合い、ごつごつと鈍い音が響く。プライドをかけた肉弾戦だったが、PHANTOMSにミスが相次ぎ、そこにつけ込んだICUは次々と得点を重ね、ロングゲインのタッチダウンで一矢報いたものの、ファイナルスコア54–6で第一回定期戦はICUの勝利に終わった。

しかし、大雨の中、スタンドを埋めた観客の皆さんは、最後まで席を立つことなく、熱い声援を送ってくれた。チアの皆さんも大会前の大事な時でありながら、雨に負けることなく、ハーフタイムショーでスタンドを盛り上げ、最後までPHANTOMSに力を与えてくれた。この場を借りて当日ご支援を賜った皆様に厚く御礼を申し上げたい。

試合後、関係者で学長を囲んで、ささやかな打ち上げを行った。学長からは「勝敗は関係ない、こうして記念すべき第一回定期戦が始まったことが何より大事なこと。いつの日かオックスフォードvs ケンブリッジのような伝統ある定期戦となる日を楽しみにしよう!」との暖かいコメントをいただいた。定期戦をきっかけとして、ICUとの交流(合同練習、練習試合等)はその後も続いている。来年以降は、定期戦のほか、東日本大震災により今回は自粛した懇親会を盛大に催すなど、両校を代表する運動部として関係を益々深めていく所存だ。

 

○おわりに~PHANTOMSとは

最後に、PHANTOMSを簡単にご紹介して筆を擱きたい。1986年創部、1991年に関東大学アメリカンフットボール連盟に加盟。昨年は元1部の防衛大学校と引き分け、惜しくも優勝を逃したが、2部昇格を目指して活動中。部員総数58名。OB/OG約160名のうち、過去20名強が社会人1部リーグ(X League)で活躍。中でも現ヘッドコーチ大津俊郎(M98年卒)は、社会人の強豪・富士通フロンティアーズで活躍、日本代表に選出され、第2回W杯ドイツ大会に出場、日本の優勝に貢献した。

アメリカンフットボールは大学から始めるケースが多く、スタートラインが同じ。役割分担が明確で試合中の選手交代も自由。体の大きな人間もいれば、足が速い、ボールを取るのが上手い人間もいる、誰でも活躍できるスポーツ。まだまだ部員募集中である。引き続き外語大OB/OGの皆様よりご支援・ご協力を賜れれば幸甚である。

第2回ICU定期戦での勝利、そして2部昇格を目指し、GO, PHANTOMS!

———————————————————————————

■2011年度 リーグ戦日程

9/25(日)  vs 立正大学  14:00 キックオフ @東京外大Gr.

10/9(日)  vs 芝浦工業大学 11:00 キックオフ @立正大熊谷Gr.

10/22(土)  vs 埼玉大学  13:45 キックオフ @埼玉大北浦和Gr.

11/6(日)  vs 宇都宮大学  13:15 キックオフ @アミノバイタルフィールド

11/20(日)  vs 電気通信大学 13:15 キックオフ @駒沢第二球技場

PHANTOMS公式WEBサイト: http://www.tufsphantoms.net/

お問い合わせ先: info@tufsphantoms.net

———————————————————————————

平成の会 立ち上げ記念 第1回イベント終了

6a0148c7d6bc93970c0147e1cfecf0970b
平成の会 立ち上げ記念 第1回イベント
「就職・転職氷河期における就職・キャリアを考える」シンポジウム
日時:2010年10月30日(土)13:00~
場所:東京外国語大学 府中キャンパス アゴラグローバル「プロメテウス・ホール」
*——————————————————————————————–*

こんにちは!平成の会委員会の江田です。

10月30日土曜日、台風が関東を直撃という悪天候の中、第1回イベント
「就職・転職氷河期における就職・キャリアを考える」シンポジウムが、開催されました。

足を運んでくださった皆様、ご参加ありがとうございました。
皆様のお陰で、大盛況のうちに終了することができました。

第1部の亀山郁夫学長による基調講演 は、「生きる力」 と題して、
就職や転職という人生の転機を迎えたときだけでなく、あらゆる場面で、
自分の人生とどう向き合っていくのか、その姿勢について、
とてもためになるお話をしていただきました。

第2部は、平成の卒業生によるパネルディスカッションでした。
「就職や転職について 各世代の先輩があなたの悩みに答えます」という
サブタイトルのもと、年代もお勤め先の業種もそれぞれ異なる、
学生も含めた5名のすばらしいパネリストの方々にお話を伺いました。

学生時代の経験から、就職活動の体験談、勤務における経験や、
結婚・子育てに関することまで、そのときの想いや、反省点、
丸秘のお話などなど、赤裸々に語っていただきました。

パネリストの方々から、たっぷりとお話していただいた後は、
会場の皆様からのQ&Aコーナー。

次々と質問が飛び、会場であるアゴラグローバル「プロメテウス・ホール」は
たちまち熱気に包まれました。時間が押してしまったため、
Q&Aは途中で切り上げられ、ホールの熱気は、そのままイベント後の懇親会会場へ。

普段は学生が集っているホール横のカフェにて、立食形式で軽食や飲み物を
頂きつつ、当日いらした皆様と、パネリストの方々、運営委員である私達も一緒に
参加させていただき、親睦を深めることが出来ました。
離れた年代の多くの方々が、それぞれにイベントの感想や、
ご自身の想いや、いろいろなことをお話されて、とても盛り上がりました。
学長と直接お話ができた貴重な機会でもありましたね!

平成の会の初めてのイベントということで、張り切って大きなイベントを
企画し、うまく行くのかどうか、とても心配でしたが、
学校の関係の皆様、外語会の大先輩の皆様、パネリストを引き受けて
くださった方々、お手伝いをしてくれた学生の皆様、
なによりも参加してくださった皆様のおかげで、大成功でした。

お帰りの際にいただいたアンケートのご意見を参考にして、
平成の会委員会では、学生の皆様、卒業生の皆様の交流を、更に広げていくために、
今後も、様々なイベントを企画、開催していきます!
どうぞご期待ください!!

*——————————————————————*
★東京外語会 平成の会 HP
http://www.gaigokai.or.jp/hs_about.html

平成の会に会員登録!(無料):
~次回以降のイベント情報、その他企画のお知らせメールを差し上げます。
http://gaigokai.or.jp/hs_about.html

★平成の会をフォロー(twitter)
http://twitter.com/heisei_gaigo

★ご意見、お問い合わせは、コチラまで:
heiseinokai@gaigokai.or.jp
*——————————————————————*