専門書翻訳に挑む

2019-02-14_111341

タイトル
①『修復的司法とは何か――応報から関係修復へ』
著者名:ハワード・ゼア;Howard Zehr
監訳=西村春夫・細居洋子・高橋則夫 訳者:浅川エリ子他14名
出版社:新泉社、2003.6.30初版 第3版出版 価格:2800円+税
②『修復司法の根本を問う』
著者名:ゲリー・ジョンストン;Gerry Johnstone
監訳=西村春夫 訳者:浅川エリ子他5名
出版社:成文堂、2006.5.31 価格:5300円+税
③『これからの犯罪被害者学――被害者中心的司法への険しい道』
著者名:ジョー・グディJo Goody
監訳=西村春夫 訳者:浅川エリ子他6名
出版社:成文堂、2011.6.10 価格;8000円+税

50代から取り組んだ翻訳作業の集大成として、3冊の専門書を共同出版しました。①と②は修復的司法〈Restorative Justice〉という近代刑事司法の新たな流れ、③は犯罪被害者学〈Victims and Victimology :Research, Policy and Practice〉という原題の通り、主に被害者の権利主張、被害者支援を扱った内容となっています。

《以下はこちらよりお読みください。》

投稿者:浅川(旧姓西村)エリ子 IP 1958年卒業

本投稿へのご意見、ご感想等はこちらまで