ワシントン支部長に智片さん、リサイタル会合を開催へ

ワシントン支部の新支部長に智片(井澤)久美子さん(中国語1982年卒)が支部メンバーの賛成多数で選ばれ、就任した。智片さんはピアノの名手で、今年8月下旬に開催予定の支部会合でも腕前を発揮してくださる見通しだ。支部長就任のお祝いと事前視察を兼ねて、智片さんが仲間の土倉えり子さんと定期的に開催しているコンサートにうかがった。
新型コロナウイルス流行後、智片さんと土倉さんはオンラインを使ったビデオチャットサービス「Zoom(ズーム)」でのコンサートを開催。私がお邪魔した5月22日は米国首都ワシントン近郊の智片さん宅でZoomを併用したハイブリッド方式で開催され、会場で私と妻を含めた計4人、オンラインで17人の計21人が参加した。この日は11回目のZoomコンサートとなり、新型コロナ禍でも積極的な音楽活動で視聴者を元気づけてきた智片さんと土倉さんの温かいお人柄と前向きな姿勢が伝わってくる。
幕開けは、智片さんのピアノソロでバッハ平均律とショパンのエチュード13番、バラード第3番を披露。その後、土倉さんの美しいソプラノに伴奏、フランスの俳優エマニュエル・ベアールさんの父親で歌手の故ギー・ベアール氏のシャンソン「ロー・ビーブ(L’eau Vive、河は呼んでいる)」、「林檎(りんご)の花が降りそそぐ」などの曲を届け、聴衆の大きな拍手を浴びた。
演奏会冒頭、智片さんから「ショパンのバラードは今回のために練習するまで久しく演奏していなかった」と聞いて目を丸くした。続けて「でも指が覚えていて、ピアノの前に座って稽古したらそこそこ弾けたんですよ」と打ち明けられて再び驚かされた。
就任後初の支部会合は、智片さん宅とZoomの併用で開催し、コンサートを満喫させていただいた後、参加者同士が懇談するという構成を検討している。
智片さんからは「約20年前、家族で北京からワシントンに移ってきて、支部に加わった当初私が一番若手だった。それが今や最年長ぐらいの年次になってしまい、光陰矢のごとしと実感している。若手支部会員の手を借りながら、末永く支部運営を続けていきたい」と心強いメッセージをうかがうことができた。
ワシントン支部では東京外国語大学または大阪外国語大学の出身者か教職員で、ワシントン首都圏在住だけではなく、米国のどの地域からでも、あるいは米国外のどの国からでも支部会合にご参加くださる方を歓迎します。連絡いただいた皆様には、会合開催の約1カ月前にご案内をお送りします。
お問い合わせは智片支部長のメールアドレス、kumikoic@outlook.comまで。

写真説明(左から)

  • コンサートでピアノを演奏する智片さん(左)と、美声を披露する土倉さん=いずれも5月22日、智片さん宅で
  • コンサート後にズーム参加者にあいさつする智片さん(左)と土倉さん
  • 智片さん宅に集まったメンバー

投稿者:大塚圭一郎 フランス語1997年卒業
(東京外語会広報委員<元理事>、ワシントン支部所属、
共同通信社ワシントン支局次長)

本投稿へのご意見、ご感想等はこちらまで
(会員よりご感想をいただきました。)

東京外語会広州支部 近況

集合写真1(左から)
田中琳太郎(C2015)/李宇霞(DP2018)/有賀諒(C2009)/保田俊朗(D1983)/菊池吉純(C1988)/中村理恵(C1994)/浅野宙(C2009)/ 坂東佳那子(R2010)
集合写真2
(上左から)高島浩(C2012)/ 田中琳太郎(C2015)/中瀬陽介(E2006)/ 坂東佳那子(R2010)
(下左から)保田俊朗(D1983)/ 泉水誠(A1983)/ 菊池吉純(C1988)/有賀諒(C2009)/ 中村理恵(C1994)

2021年3月に正式に55番目の支部として登録された広州支部。登録後1年2か月がたちました。おいしいグルメとお酒を味わうという会のテーマのもと、コロナの再発や厳格管理政策の合間を縫って、すでに7回の集まりを実施しました。もちろん、コロナで封鎖中や自主隔離中のメンバーが参加できないということも度々でした。

広東海鮮レストランで発足後第一回目の会を行った広州支部ですが、その後 食事会の幹事をつとめている坂東佳那子(R2010)さんのナイスセレクトで、四川料理、ベトナム料理、精進料理などのお店で実施しました。中にはお手頃値段のミシュランレストランも!毎回保田俊朗(D1983)さんや、菊池吉純(C1988)さん持参のワインと合わせ、コロナ対策の話題から学生時代や社会人人生の話など、いろんな話で盛り上がりました。

現在会員は14名。うち2名が5月に帰国予定で、今後は12名に。
さて、中国のゼロコロナ政策ですが、いろんな定義が施されてのゼロコロナ。最近広州支部でのホットワードは「ダイナミックゼロコロナ」。中国語「動態清零(直訳:動態ゼロ)」をJETRO社が訳した言葉。感染者がでた場所や、濃厚接触者のいる場所だけを封鎖したり管理したりする政策で、それ以外のエリアで感染者がでていなければ「社会面清零(直訳:社会面ゼロ)」と呼ばれ、封鎖エリア以外では行動制限なしです。私たちは、この「社会面清零」のおかげで、食事会ができてきたわけですが、レストランでは人数制限や個室での食事を求められました。

早く、コロナを気にせず自由に集まれるようになることを願いつつ、引き続き広州支部の活動を続けていきたいと思います。

投稿者:中村理恵  中国語 1994年卒業

本投稿へのご意見、ご感想等はこちらまで

ウクライナ支援from九州

福岡支部の試みではありませんが、九州で進むウクライナ支援の現状を共有します(2022年4月17日現在)。

ウクライナから避難してきた留学生64人が、4月12日、福岡県太宰府市の日本経済大で入学式に臨みました。同大はキーウ国立言語大で日本語を学ぶ計73人を受入れ予定。学生寮を提供し、学費は無料。1年間、経営学科に在籍し、日本語と経営学を学ぶ予定です。

また、佐賀県は全国に先駆け、NPO法人など民間と一体で策定した支援プログラムによる受入れを開始しました。4月15日、1組目となる女性2人がウクライナから佐賀空港に到着しました。

現在、支部全体として直接、ウクライナ支援に関わる動きはありません。ですが今後、各会員皆さんの活動等ご報告できる部分がありましたら随時、共有させて頂きます。

投稿者:安部 有樹 中国語 2002年卒業

本投稿へのご意見、ご感想等はこちらまで