「ワタツミと共に―インドと故郷女川町」

1960年5月24日朝3時過ぎ、町の消防がけたたましい音でサイレンを鳴らし続けた。
親に起こされ家の2階から降りる時に、窓から見た空の色はいつもと違い血の色にも似た朱赤で一面覆われ、異様な恐ろしさが体を包んだ。
何が起きたのか。海岸通りの商店街に沿う県道には近所の住民が皆驚いて飛び出してきた。何が起きたんだと寝ぼけ眼で言い合う。津波が来るらしいと町の長老の一人が言い始めた。チリ地震の大津波が日本に到達した。
町民の誰も分かっていない。日本より1万八千キロも離れた南米チリで前日に起きた地震で津波が時間をかけて、太平洋上のハワイを襲いその後日本へと矛先を向けた。東北三陸海岸一帯がその大波をまともに食らった。
家では37歳の父、60代半ばの祖父が町をまとめるべく対応したが、昔三陸を襲った昭和8年の大津波の記憶があったとは思えない、皆が右往左往していた。町の古老たちが、どのくらいの波が来るのだと、余裕を見せ会話していたのが記憶にある。
多くの民が女川湾の岸壁を取り囲むように集まってきた。波が町に達するには時間があった。海岸の波が大きく引く現象が先に現れ、その引き潮が増して海底が次々に露出し海底の岩石が茶や黒い岩肌を見せ始めた時には皆顔面蒼白、驚きの声を上げた。小学生だった私にも、何か異常なことが起きつつあると感じられ身が引き締まった。  (続きを読む…)

投稿者: 佐々木 洋 英語 1973年卒業

本投稿へのご意見、ご感想等はこちらまで

地域PR??エンタメの短編映画プロジェクトを行っています!

閲覧ありがとうございます。国際社会学部英語専攻4年の端山と申します。来年から放送局に就職予定のものです。

現在、学生生活の集大成として以下のプロジェクトに挑戦しています。
https://camp-fire.jp/projects/view/358034

「エンタメ×地域プロモーション」という新しい視点を用いて、福島県会津磐梯エリアを舞台にした短編映画製作に5人の若手エンタメプロデューサーや現地の方々、映画製作スタッフと一緒に取り組んでいます。

ノンフィクションなのに、どこか嘘臭さを感じてしまう事が多い、観光PRに変化を加えたい。そんな想いで新しいエンタメの創造を目指している若手プロデューサーの力を合わせて会津磐梯エリアで昨年9月から活動してきました。フィクションの要素を付け加えることによって地域のありのままの良さを最大限引き出したい。そのような挑戦になっています。

昨年、12月23日から26日まで3ヶ月の準備を経て行ってきた映画撮影は一旦終了しました。しかし、撮影費がかさんでしまったこともあり、next goalとして150万円という目標にも挑戦しています。是非、私たちの、熱い想いにご協力・ご支援していただけると幸いです。よろしくお願い致します。

投稿者:端山 響  英語 2021年卒業

本投稿へのご意見、ご感想等はこちらまで

2020年コロナ禍のミラノを生きて

外語会イタリア支部長のミラノ在住 大島悦子です。

2020年はほんとうにいろいろなことがありましたが、皆さまおすこやかに新春をお迎えのことと存じます。
2020年は、イタリアが他国に先駆けて未曾有の新型コロナ大感染に見舞われたことで、多くの方にご心配をおかけしました。暖かいご配慮など本当にありがとうございました。

私は昨年11月22日に日本に一時帰国し、日本で年末年始を過ごしております。(2月初めにミラノに戻ります) 今回の経験を「2020年コロナ禍のミラノを生きて」という小文にまとめてみました。イタリアのことを心配して下さっている皆様へのご報告にかえさせていただければと思います。イタリアも、他のヨーロッパ各国同様、秋以降コロナ第二波に襲われ、厳しい日々が続いていますが、いい方向に向かうことを祈るばかりです。

↓こちらからご覧ください(全20ページ)
「2020年コロナ禍のミラノを生きて」

1.未曾有のコロナ大感染
●イタリア人感染者第1号
それは、2 月21 日金曜の昼のことでした。テレビで、北イタリアで新型コロナウイルス感染者が出たという最初の報道がありました。・・・(続きを読む)

写真 1. ミラノのトラム車内 「ウイズコロナ」の日々 
イタリアの第一波コロナ大感染も落ち着き、行動制限措置もかなり緩和された夏。感染予防に留意しての日々。トラムも、バスも、メトロでも、マスク着用で「着席不可」表示席を避けて座る。
(2020 年 7 月 10 日)撮影
写真2.ミラノ大聖堂
10月下旬から、コロナ第二波がイタリアを襲い、11月6日からミラノで第二波ロックダウンが始まった。その前日、すでに人影の少ないドウオーモ前広場 
(2020 年 11 月 5 日)撮影

投稿者: 大島悦子 イタリア語 1974年卒業

本投稿へのご意見、ご感想等はこちらまで

「戦争と外語生プロジェクト」活動開始

一橋祭での戦没学生資料の展示模様(2019年)

1943年(昭和18年)10月21日、降りしきる雨の中、神宮外苑で出陣学徒の壮行会が催されました。あの独特の甲高い声で万歳を三唱する東条英機首相と、「抜刀隊」が演奏される中で小銃を肩にかけて隊列を組んで行進している学生たちの映像は今でも私の脳裏に焼き付いています。しかし、何故かこの光景と外大とは無関係のように思っていました。その理由の一つが、当時は東京外国語学校という名称だったことにあるのかも知れません。

昨年の「外大9条の会」の年次総会終了後の懇親会で、一橋大学を卒業し勤務先を退職した後、本学大学院でドイツ緑の党の安全保障政策をテーマに研究した本会会員の竹内雄介さんから外大でも出陣学徒について調査したらどうか、との提案を受けました。竹内さんは出身校である一橋大学の戦没学生について調査し、その結果を大学祭(一橋⦅いっきょう⦆祭)や国立市の施設で発表するなどの活動をしています。

この提案を受け、立石前学長に関連部署を教えてもらい、文書館の存在を知りました。そして昨年9月末に文書館とコンタクトし、種々有意義な資料の提供を受けました。この時点ではどのように具体的な行動を展開していくのか定かではありませんでしたが、本年2月末に以前本会の年次総会時の記念講演で講演していただいた本学大学院総合国際学研究院の中山智香子教授に相談したところ、今年は戦後75年という一つの節目の年でもあり、こうした活動は有意義だということになりました。そして、本年秋の外語祭に向けて中山教授のゼミ生も巻き込んでプロジェクトを立ち上げようということになりましたが、コロナ禍に見舞われ、外語祭もオンライン開催ということになってしまいました。

こんな状況下で本年9月5日、三鷹市生涯学習自主グループ主催による講師派遣事業が行われ、第一部として中山教授による「コロナショック2020の示すもの」という演題の講演に引き続いて、第二部でオーストラリア映画『アンボンで何が裁かれたか』(1990年)が上映されました。この映画は第二次大戦中の日本軍兵士によるオーストラリア軍兵士への蛮行を裁くオーストラリア軍による軍事裁判がテーマになっております。その主要な登場人物の一人が1942年に英語部貿易科を卒業した(従って厳密な意味では「学徒兵」ではない)日本海軍の将校です。他にも日本側の主要登場人物として藤田宗久さんが弁護人役で出演しておりますが、藤田さんは1968年に本学ロシア語科に入学し、1973年に卒業した後、演劇界に身を投じ、今は演劇劇団「円」に所属され、舞台を中心にテレビ、映画でも活躍されています。いずれにしても学徒出陣により70名近くの方々が命を落とされ、その意味で外大も学徒出陣とは無縁ではありません。

この講演会には「外大9条の会」の会員に加えて、中山ゼミの大学院生が10名近く参加しましたが、彼らもこの映画を観ながら戦時中の外語に思いを馳せたことと思います。本プロジェクトはこの映画の上映を皮切りに、さらに着実に活動を前進させることになりますが、ご興味のある方は中山教授とコンタクトされるとよろしいかと思います。

中山教授のメールアドレス: nakac@tufs.ac.jp

投稿者: 鈴木 俊明 スペイン語 1972年卒業

本投稿へのご意見、ご感想等はこちらまで

映像制作の楽しみ

会社を定年退職してから、今までやったことがない何か新しいことにチャレンジしたいと思い、映像制作を始めた。きっかけは、孫が保育園を卒園する時。一念発起し、映像編集のためのパソコンと専用編集ソフトを購入、独学で映像編集の方法を学習した。制作した映像を保育園の謝恩会の場で上映し、それをDVDにして先生方と園児の父母員に卒園記念として配布した。これが思いのほか好評だった。

次に、家族・友人等と行く旅行先でのビデオ撮影と帰宅後の映像編集・DVD制作を始めた。国内外の絶景に魅了され、映像制作にも次第に熱が入っていった。

2018年10月に、大学時代の同窓の友人と台湾の最北端から最南端までを旅行した。澎湖島から高雄に向かい、高雄の鉄道博物館に行ったときに、付近に戦前の三和銀行高雄支店の建物が残っていることをたまたまみつけた。戦災も免れ戦後解体されることもなく、高雄市が歴史的建造物の一つとして保存し、修復工事をしていた。

現役時代三和銀行(現三菱UFJ銀行)で30年間仕事をしていた私は、100年前の三和の建造物が奇跡的に残っていたことに、大きな感銘を受けた。帰国した私は、この建物の存在を一人でも多くの三和銀行OBに知ってもらいたいと思い、映像を制作しYouTubeに公開動画として投稿した。最初は再生回数も増えなかったが、OB会事務局から、会員宛に一斉連絡メールで通知してもらうことにより、多くのOBに見てもらえ喜んでもらうことができた。

コロナ禍によって、暫くの間旅行とりわけ海外旅行が難しくなってしまった。今は、過去に撮りだめした動画や静止画をもとに再編集した「紀行動画」を制作し、それをYouTubeにアップロードして楽しんでいる。月1~2本の投稿で寡作だが、友人・知人に喜んでもらっており、望外の幸せである。今後も続けていきたいと思っている。お時間のある方は、ご覧になってください。

私のYouTubeチャンネル: Keiji TAKAHASHI
https://www.youtube.com/channel/UCcdb4N3BcxlzkmahdG0zQlw/videos?view_as=subscriber

投稿者: 髙橋 敬史 中国語 1972年卒業

本投稿へのご意見、ご感想等はこちらまで

FMラジオ局「FM NACK5」の番組に出演のお知らせ

勤務先の共同通信社の契約社で、首都圏を含めた関東地方で広く聴けるFMラジオ局「FM NACK5」の番組「アロハ太朗Good Luck! Morning!」(月~木曜日午前6~9時)のコーナー「エコノモーニング」(午前7時15分~)に9月7日月曜日から出演し、主に経済関連のテーマを解説させていただきます。
初回の9月7日月曜日は「としまえん跡地にハリーポッター、USJ施設とのすみ分けは?」をご紹介します。9月は毎週月曜日、10月以降は勤務先の先輩と隔週(10月は12日月曜日、26日月曜日)にお伝えします。
首都圏ならばインターネットラジオ「Radiko」で1週間以内ならばいつでも無料で聴け、「Radikoプレミアム」で全国各地から1週間以内いつでも聴けますので、よろしければ聴いていただければ幸いです。
また、異動に伴って10月1日付で共同通信社編集局経済部次長となります。出身地の東京に戻り、ご無沙汰している皆様とも再会できるのを楽しみにしています。
約2年間の福岡支社編集部在任中は東京外語会福岡支部の皆様にお世話になり、ありがとうございました。また、フランス語学科同級生の古本武男弁護士(写真左)と再会し、長崎新聞社主催の講演会「長崎新聞政経懇話会佐世保会場」でお話しをさせていただいた際に佐世保市職員の同級生の大山健一郎君が来てくれるなど、旧交を温めることができてとても有意義でした。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

【写真説明】フランス語学科同級生の古本武男弁護士(左)と、古本君の実家の常念寺(山口県萩市)の重要文化財「表門」の前で=2020年8月

 

 

投稿者: 大塚圭一郎 フランス語1997年卒業

本投稿へのご意見、ご感想等はこちらまで

メルケル首相による聖霊降臨祭に際しての国民への呼びかけポッドキャスト

日本ではコロナ緊急事態宣言が解除されたとのこと、皆様一息ついていらっしゃることでしょう。
5月30日キリスト教の重要な祭日の一つである聖霊降臨祭を前に、メルケル首相が約7分半にわたりポッドカストで再び国民へ呼びかけました。節目にあたるという意味もありますが、コロナ危機最中の中間報告のようなものでもあります。6月2日から電子出版社のボイジャー社が、その拙訳を再び無料で公開していますので、ご参考のためにリンクをお送りします。

https://r.binb.jp/epm/e1_147657_02062020122154/

投稿者: Renner 順子  ドイツ語 1975年卒業

本投稿へのご意見、ご感想等はこちらまで

コロナウイルス感染に関してドイツ連邦メルケル首相第2回演説 全訳

コロナウイルス感染に関して、ドイツ連邦メルケル首相が4月3日、国民に対して二回目の呼びかけを行いました。その全拙訳を再び電子書籍出版社のボイジャー社が4月8日無料で公開しました。以下がリンクです。
https://r.binb.jp/epm/e1_140323_08042020091925/
ご参照下さい。

投稿者:  レナー ジュンコ ドイツ語 1975年卒業

本投稿へのご意見、ご感想等はこちらまで

台中にて C1993 大友 真一

上海から台湾へ2017年6月に赴任して約3年、家族(妻・娘)と台中市内に居住しています。生活環境は良好で、気に入っています。現在、愛知県に本社がある中小企業の台湾法人に総経理として勤務中。移動式昇降台車及び小型リフトなどを製造・販売する台中郊外の小さな工場です(社員数:私及び台湾人社員23名、売上高:約2億台湾元、売上海外比率:80% https://www.bishamon.com.tw/)。

旧友知己の皆さま、お気が向きましたら、ご連絡をくださいますようお願い致します。台中で一席設けましょう!E-mail address:sonohikurashi@yahoo.co.jp

台湾日本人会会誌「さんご」掲載の原稿もご高覧いただければ幸いです。→

私も東京外大卒業生の末席につらなっており、台湾において、ささやかながら、七転び八起きしております。

投稿者: 大友 真一 中国語 1993年卒業

本投稿へのご意見、ご感想等はこちらまで