本の紹介『レレバンス・イノベーション』

フランス語専攻平成20年卒の、門脇 弘典と申します。
このたび初めての訳書が刊行されましたので、紹介させていただきます。

book

  • 書名: レレバンス・イノベーション――顧客の共感を引き出し、行動を変える力
  • 著者: アンドレア・コーヴィル、ポール・B・ブラウン
  • 出版社:マグロウヒル・エデュケーション
  • 発売日:2014年11月20日
  • 価格: 1,800円+税

「レレバンス」とは英語で「関連性」のことです。情報があふれている現代において、顧客に自社の製品を選んでもらうためには、なんらかの関連性や「つながり」を示す必要があります。では、具体的にどのようなアプローチを取ればいいのか? その問いに答えたのが、この本です。

お手にとっていただけたら幸いです。

投稿者: 門脇 弘典(フランス語 2008年卒)