白崎容子さん須賀敦子翻訳賞授賞

イタリア語から日本語への翻訳書を対象とする「須賀敦子翻訳賞」が新設され、卒業生の白崎容子さん(外1970イタリア、MP1974卒 元慶應大学文学部教授)が受賞されました。
本賞は2007年以来中断していたピーコ・デッラ・ミランドラ賞を継承するものです。
選考委員は、岡田温司、木村榮一、柴田元幸、四方田犬彦、和田忠彦(委員長)の5氏で、今回の受賞作は、2012年1月~2014年6月に出版されたイタリア語から日本語に翻訳されたものの中から選ばれました。
11月13日に駐日イタリア大使臨席のもと授賞式が行われました。

第1回「須賀敦子翻訳賞」授賞作

白崎容子、尾河直哉訳『ピランデッロ短編集 カオス・シチリア物語』(白水社、2012)
関口英子訳『月を見つけたチャウラ ピランデッロ短篇集』(光文社、2012)

詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.iictokyo.com/eventi/log/eid185.html
http://www.kotensinyaku.jp/archives/2014/11/006433.html

投稿者: 山本 真司   イタリア語 1985年卒業