初小説 「我に祝福を」

ロシア語科をでて就職したものの、会社になじめず、進路を完全に変え、なんとか医師になりました。いいトシをして、9月に初めて自費出版ですが小説をだしました。

「我に祝福を」星雲社、筆名神谷和弘。

なかなか面白いのでは、と自讃しています。ちょっと宣伝まで。

ロシア語は、モスクワのクリニックを訪れた時などに役立っています。こんな外語生もありか、とご投稿させていただきました。ついでに老婆心ながら申し上げると、Facebook、語学にすごく役立つと思います。わたしの“友人”の半数はロシア人。学生時代から、大いに利用されるといいと思います!

投稿者 : 下中野 大人  ロシア語 1980年卒業