拙著『テクストとしての都市 メキシコDF』のご紹介

20191111

東京外国語大学出版会から『テクストとしての都市 メキシコDF』を出しました。これは「テクストとしての都市」というシリーズの最初の巻になるはずのものです。メキシコ市内の8箇所のスポットを巡る集合的記憶を扱っています。その場所でどんなできごとがあり、どんな記憶が紡がれてきたかをひもといたものです。

投稿者: 柳原 孝敦 大学院博士課程後期スペイン語 1995年卒業

本投稿へのご意見、ご感想等はこちらまで