「東京外語会有志による海外支部歴訪の旅」忘年会開催される

20171227

「東京外語会有志による海外支部歴訪の旅」の忘年会が、2017年12月21日(木)正午から午後2時半までNEC三田倶楽部で19名の参加を得て開催されました。これは、1995年以来、過去17回にわたって行われた「海外支部歴訪の旅」に参加された方及び関係者の皆様が、再び一堂に会して、旅を回顧しながら年末の一時を過ごそう、というもので、この4,5年前から毎年行われているものです。

会は、石原幹事代表のご挨拶で始まり、小出外語会副理事長及び青野咲耶会前東京支部長からもご挨拶をいただき、今回最長老の野口さん(In1954)の乾杯で幕を開けました。今回は趣向を変えてロシア料理に舌鼓を打ち、特にボルシチは美味でした。

この「海外支部歴訪の旅」は、大阪大学外国語学部(旧大阪外国語大学)同窓会の「咲耶会」とも連携して行われており、今回「忘年会」にも咲耶会から磯田元会長及び青野さんが参加されました。会場も咲耶会の友金様のご紹介によるものです。咲耶会のご協力に感謝申し上げます。

「海外支部歴訪の旅」は、台湾から始まって、タイ、モンゴル、スペイン、ロシア、米国、エジプトなどを訪問し、最近は、南フランスとパリ、トルコ、オーストラリア、ミャンマーを訪問しました。訪問先の外語会各支部とは感激の交歓会を開催し、現地支部・訪問団とも母校の仲間の良さ・ありがたさを再認識することとなりました。参加者は、楽しかった旅の思い出話しに花を咲かせたり、はたまた、大学の現状や在り方に議論が及んだりして時の経つのも忘れるほどでした。

次回は、2018年秋にイタリア支部(ミラノ)を訪問する予定で、目下、準備を進めています。募集は、外語会会報やこのメルマガで行いますので、皆様の奮ってのご参加をお待ち致します。

[出席者] 写真左から(敬称略) (村田吉隆(C1967)、秋保哲(C1981)は途中退席)
(前列)
小出三郎副理事長(S1971)、小林正典(E1957)、磯田良一咲耶会元会長(In1955)、野口健兒(In1954)、石原隆良(D1956)、相馬寿美乃(F1964)、鈴木公子(F1965)、川口翠子(C1965)、
(後列)
田中哲二(C1967)、富山絢子(F1964)、青野光裕(F1960)咲耶会前東京支部長、都筑秀之(F1961)、新田和夫(M1962)、田中和子副理事長(E1966)、三浦哲郎(E1961)、藤井俊彦(D1961)、林義之(F1966)

投稿者: 林義之 フランス語 1966年卒業

本投稿へのご意見、ご感想等はこちらまで