「あなた、ここにいてくれますか」フェスティバルに参加しませんか?

朝鮮科1998年卒業生の林原圭吾と申します。外語会の事務局のご厚意で、私が企画に関わる催しの宣伝をこちらでさせていただきます。

私を含めた、韓国に関わる有志で、排外主義に反対するアピールをすべく「あなた、ここにいてくれますか」フェスティバルを企画し、収益をARIC(反レイシズム情報センター)に寄付することにしました。9/2(土)、場所は在日本韓国YMCAの地下ホールと国際会議室です。趣旨説明や情報発信など、下記Facebookのアカウントで行っています。

https://www.facebook.com/kokofes0902/

企画をするきっかけになったのは去る6月、一橋大学の学園祭における百田尚樹講演会中止騒動でしたが、ちょうどヘイトスピーチなどに代表される昨今の世相に、そして、それに眉をしかめているだけの自分にモヤモヤを感じていたところでした。外語大の卒業生、在校生、もしくは未来の外大生の中には、同様のモヤモヤを感じている方が少なくないと思います。眉をしかめることが、今できるthe only thingではなく、the last thingになるよう、この声のもとに集いましょう。――あなた、ここにいてくれますか。「出て行け」などと言われる筋合いはないのだから。

2ステージを使って、ライブ、映画、トーク、クイズなど2プログラムが同時進行するフェス形式。硬軟織り交ぜたプログラムを通じて、共生のための知識や寛容の精神を養うのが狙いです。弊社で版権を取得した、故廬武鉉大統領のドキュメンタリー映画「ムヒョン~二都物語~」も本邦初公開。余談ですが当日上映される「もうひとつの約束」とあわせて両作品とも字幕は西ヶ原字幕社代表、林原が手がけました。音楽を担当したシンガーソングライターのチョ・ドンヒ氏も来場されます。アピールに共感して来るもよし、映画やライブやフード目当てに来るもよしの敷居の低い催しを目指しています。奮ってご来場あるいは情報拡散にご協力ください。

20170812-1

ちらしはこちら

投稿者:林原圭吾 朝鮮語科 1998年卒業

本投稿へのご意見、ご感想等はこちらまで