2016年イタリア支部総会のご報告

イタリア支部総会2016.11.26

2016年11月26日(土曜日)のお昼、ミラノで東外大イタリア支部 2016年総会が開催されました。1週間近く降り続いた雨もあがり、ミラノも久しぶりに晴れ間の見えるお天気となりました。会場はミラノ中央駅徒歩3-4分の「和食レストラン・友よし遠藤」です。

遠くはローマ、フィレンツエ、ヴェネツイアからも参加いただき、総勢10名で楽しいひとときを過ごしました。
ところで、代表幹事としてイタリア支部の大黒柱として活動いただいていた松田二郎さん(外 I 1977)はこの6月から2年の予定でロンドンに出向されているため、その後任に松山二郎さんにバトンタッチしていただいています。

参加者は、大島悦子(外 I 1974) 稲葉洋実(外 I 1975) 松山二郎(外 I 1975) 中山悦子(外 I 1971) 今野里美(外 I 1990) 丸山圭子(外 I 1991) 古川澄子(外 I 1994) 山﨑真理子(外 I 1994) 渡邊彩(外 I 2008) 長久翠(外 I 2008) (卒業順、敬称略)

今回は、是非和食をということで、ミラノの老舗「和食レストラン・友よし遠藤」にお願いして、特別に「家庭料理」を用意していただきました。大鍋の「おでん」をはじめ、煮物、出し巻卵、チキン唐揚げ、大根おろし、キンピラごぼうなど、いいおだし、いい食材を用いての和食を、「イタリア・ソムリエ資格」をもつ松山二郎さんのサービスして下さる美味しいワインとともに楽しみました。

なお、2010年2月に、長期間にわたって「休眠」していたイタリア支部が再開し、同年11月に再開後最初の総会を開いてから今回が7回目となります。
いつものように会員各位の自己紹介や近況報告とその質疑応答が実施されました。その合間には、残念ながら今回欠席された会員の方からの近況メールが紹介されました。また昨年12月に出産された工藤尚美さん(外 I 1996)からは可愛らしい赤ちゃんの元気な写真が届きました。

今回の参加者は、卒業年度が「昭和組」が4人、「平成組」が6人でした。時代は違っても日本で若い時に同じルーツを持ち、今イタリアに生きる仲間ということで、極めていろんな世代の方と、また同じイタリアでも異なる都市に住む方々と一緒に食卓を囲んで元気に懇談ができる、楽しく貴重なひとときとなりました。

総会後は、すぐそばのカフェで有志が二次会を開催し、さらに尽きぬおしゃべりをして散会となりました。

投稿者: 大島悦子様 (イタリア支部長) イタリア語 1974年卒業

本投稿へのご意見、ご感想等はこちらまで
会員よりご感想をいただきました。

2016年イタリア支部総会のご報告” への1件のコメント

  1. 2016年イタリア支部総会のご報告を拝見しました。
    私は仕事で、世界各地を回りましたがイタリアだけは行った事がありません。でも、娘がイタリア人と結婚してFerentinoに住んでいて年に一度孫娘たちを連れて帰国したり、メールをくれたりしますので、自然とイタリア通になってきています。
    孫娘は、上の子が高4でクラシッコ、下の子が中2です。二人とも現地の日本人学校に通っていて、日本語は日本人以上によく出来ます。そして、二人とも日本が大好きで、日本に留学する夢を持っています。
    二人は、空手を習っています。
    夏休みで日本に来ていた上の孫娘とダンテの話になりました。神曲を読んだと言ったので、神曲3部作のどれが面白かったのか聞きましたら、即座に『地獄編』が一番面白かったと返事しました。
    孫が帰ってから密かに、神曲の和訳を読み、次回会う時にはもっと詳しく話をしようと今話題を蓄積中です。
    イタリアの教育につい驚いたことがあります。
    高校のクラシッコでは、英語、フランス語の他にラテン語と古典ギリシャ語を教えているそうです。古典ギリシャ語で何を習ったのかと聞きましたら、プラトンとアリストテレスと言う答えが返ってきました。そして一言、ラテン語は易しいけれどギリシャ語は難しいと言っていました。
    上の子の日本語は、漢字検定準2級合格で、目下2級の勉強をしています。
    二人とも、囲碁を始めたいと言ってきていますので、その内に、ミラノにある日本棋院の支部を紹介しようかと思っています。
    上の孫(朱里)は、今月ローマ・サピエンツア大学の経済学部に入学が内定しました。
    ついでに、医学部(歯学部)もトライしたいと娘がメールしてきています。
    下の子(明日香)は、高校のScientificoに進学する予定です。そして、将来は日本のリニヤーモーターを勉強したいと言っています。
    孫娘は二人とも大の日本好きで、食べ物、自然、歴史、技術何でも日本が好きです。

    皆日本の寿司が大好きで、先日もメールで『私は寿司の魚ばかり食べるから大きくなったらお魚になるかもしれない』と日本語でメールしてきました。
    時たま、外大のイタリア語出の方に出会うことがありますが、専攻が違っていても直ぐに打ち解けて親しくなります。同窓と言うものは、懐かしいものですね。
    イタリア支部総会のご報告を読ませていただきましたので、一筆啓上した次第です。
    在イタリアの皆様方の宜しくお伝えください。
    最後に、外大の方でイタリアにご用のある方がいらしたら、娘なり、孫たちがお役に立てると思いますので、ご遠慮なくコンタクト下さい。(外語会事務局経由にて)

    中村峯夫 Po1955